お買い物-07/03/22

ファミソン8BIT+30minutes night flight

 
考え無しに石丸寄ったらたまたま新譜の発売日だったってのが最近多いな…
30minutes night flightは衝動買いみたいな感じなんですけど相変わらず音質良いすね。

で、ファミソン8BIT。
公式サイトの試聴ではちょっと微妙かなと思っていた歌声と音楽のバランスですが、
通して聴いてみるとあんまり違和感が無いような感じがするのが不思議。
ファミソンと言っておきながらゲームボーイの音も聞こえるのはご愛敬なのか!

個人的に一番不安だったホエホエむすめに関しては、
上手い事まとめてる感じはするんですけど間奏が全然ほのぼのしてないよ!
元ゲームではラストのダメ押しって感じに盛り上がってた所なのに焦燥感を煽ってどうする。

…という部分の比較ができるホエホエむすめの原曲収録があんまりにも偉大すぎるので、
俺は買って良かったと思いますし結構オススメしやすい作品だと思った。

□今回の8BITと先日のミーナはどちらもchiptuneという括りに属すると思うのですが、
両者の向いてる方向が思いっきり別なんだよなーというのが正直なところ。
ミーナのCDに入ってる2曲の方がchiptuneに対する真摯な取り組みが
しっかりと形になっていると言いますか、
どうも8BITの方はあからさまなイロモノ企画の一つとして感じられてしまうのですな。

もちろんどっちが良くてどっちが間違いって事は無いですし、
それを言ったらミーナのCDはあれだけchiptuneとしての展開を持ち上げながら
実際の収録順が露骨にドラマのオマケ扱いって所が凄くいやらしいと思うだけに
一概に結論を下しがたい所ではあるのですが…

8BITに関しては、ちょっとこの先大丈夫なのか不安。
これが売れれば別のアニソンをカバーするという方向は分かるんですけど、
なーんかモヤモヤすんのよね。俺が捻くれてるだけなんだと思うんだけども。

□で、そういうモヤモヤを2分でかっ飛ばしてくれたのは、
Virt氏のFX3なのでした。(→VorCさんより)
いやーかっちょえええええなこれ!
確かに生粋と言えるレベルのコナミ音色でございました。大満足。

ファミコンリアルタイム世代で、かつ所有コナミソフトが全体の1割を超えていた人や、
クライシスフォースやF1センセーション辺りの音楽が好きな人(俺だが)は
震えが来る程の満足感に浸れますので是非。
「これだよ!これなんだよ!」と叫べること請け合いです。

お買い物-07/03/13

モンスターワールドコンプリートコレクション+サントラ
 
サントラの方はアーシャたんがまるで別物ですよ!
そしてここにも並木学氏が参加しておるのですがホントに色々やってるんすね…

モンスターワールド一連のシリーズでピンと来なくても、
高橋名人の冒険島だのビックリマンワールドと聞くと「あー」となる、
そんな「偉大なる礎」達がぎっちり詰まっております。
各タイトルの全機種版が余さず収録されているばかりか、
モンスターワールドIIのFM音源版を実に18年越しに実現させるなど
コンプリートの名に違わぬ豪華な内容にはただただ感動するばかり。

収録作品がどれもこれも面白い上に全く色褪せてないから
ぶっちゃけ作品単位で切り出してDS辺りで出しても誰も怒らないと思いますが、
それを全部まとめて突っ込んで2500円で売るってのが凄いと言いますか、
取説にぎっちり詰め込まれたコラムだイラストだを考えると
そろそろ「お買い得」という言葉を大きく逸脱してやいませんかとも思えてくる!
これはもっと広く支持されなければいかん!

とは思うんですけど、セガダイレクトは一旦売り切れると再入荷が遅いし、
アマゾンでも即日発送ってわけじゃないのよね…
これから買おうって人は、ネットで注文だけしといて近所を探すとかで良いかもしれません。

月面兎兵器ミーナ キャラクターコレクション 1
実は原典に対する造詣はほとんど無かったんですが、
キャラクターソングがガリガリのchiptuneだっつのと
それに関連してchiptuneの解説ページが用意されてる事にいたく感動したため大購入。
値段見ないで買っちゃいましたがいい値段しますねこれ。

サイトーン氏の曲調にどう歌を合わせるのか楽しみだったんすけど、
歌声いじりまくりっすな(´ω`)しっくり。

キャラクターCDは合わせて3枚リリースという事ですが、
この先のメンツも大変な事になっているので(参照→谷蟇さん)期待しながら待とう。

(実際はあんまりかぶんないと思うけど)ファミソン8bitとか楽しみにしてる人も是非。

お買い物-07/02/27

つーても今日は本だけ。

ひだまりスケッチアンソロジー 01 
普段あんまりアンソロジー系は買わないんですけどつい。
巻頭のカラーイラストで七巳さんの絵を堪能したとこで止まってますんでまた後で。

看板娘はさしおさえ 2
個人的にはもっと盛り上がってくれりゃーなー(話題として)と思っている作品の2巻。
まあとにかくお母さん(桜子さん)のあまりにあけすけなエロっぷりにゃー
毎月メロメロにされっぱなしなんですけど、
一貫して展開されるエロエロほのぼの家族ドラマと
時折見られる金融業界に対する作者さんなりのポリシーがすっかり気に入っちゃって
単行本の発売がすげえ楽しみだったのです。

一応書き下ろし部分だけは読みましたんで、残りは枕元でゆっくりと。

ミミズクと夜の王
「これは本当に電撃文庫かね?」
と思わず何度も表紙を見返しながら読み出したものの、
なんかもう最後はボロボロ泣いちゃってどうでも良くなっていたという
ある種いわくつきの逸品になってしまった。凄く良かった!

俺の中での電撃小説大賞っつーと、
「緻密な世界観」とか「詳細なキャラ設定」とか「その筋にゃガッツリの各種属性」
…といった々な武装を身にまとった候補作がひしめいている印象があったため、
この作品が大賞獲ったという事自体が一つの事件のような気もするんですが
そりゃ俺が普段ライトノベル読まないからなんだろうかね。

こういうスッと入れてフワッと落ち着く「良いお話」が大好きな俺にとっては
何もかもが素晴らしいという評価になっちゃうんですけど、
NHK教育の「おはなしのくに」とかで取り上げられる童話が好きな人はもちろん、
磨き上げられた予定調和の世界を楽しむという意味を込めて、
とにかくたくさんの人が読んでみると良いんじゃないかと思います。
個人的にはいつまでも読み続けられる作品でございました。

あきばでおかいもの。

…ついでに「オメエ買ったんだからキチンとこなせよ」という意味も込め、
ここ数日の査収物も混ぜ込んでしまいます。

○ゲーム

というわけでコナミ3大ポータブル買ってきた!
世界樹セットはマーケットプレースにて、
いくばくかの罰金(当日即確保を怠ったため)を払って査収。

○本
 
創刊以降私生活方面で
見開き16枚の萌えギャラリーが淡々と続く雑誌」と散々言っちゃったりもしましたが、
まんがぱれっとも地位を確立してきましたな…
フォワードに関しては程良い惰性感で買い続けてますけど悪くないすよ。

○メディア
 
1巻以降未開封のまま揃えてしもうた(‘A`)>ハルヒDVD
じっくり見る時間もあろうて。

○まとめ
 
俺は弱い男です。
どうやって時間を捻出すれば良いのだ。

いくさ

■にっちさーん、おとどけものでーす。


というわけでイクサ到着。
「…お、お休み中のところ申し訳ありません」とペリカン便の人に言われちゃったんだが
俺はそんなに…だったんだろうか。

実際のところセガスレ読んで「久々にゲーム買うか」ぐらいの気分で注文→到着だったため、
シナリオ担当が火野峻志氏(LUNER・初代グランディア等)であることと、
キャストの中にゆかりんと久川綾がいることを届いた後知りました!ごめんなさい。
事前にキチンと情報収集してたらどんな狂乱ぶりだったんだろうなあ俺は。

まあこれも運命だったということでとっととプレー開始すべ。
積まないようにぼちぼち進めます。