買い物:19/04/07 – MacBookPro


Apple MacBook Pro (13インチ, 2.3GHzデュアルコアi5プロセッサ, 256GB) – スペースグレイ

恥ずかしながら(Macに)帰ってまいりました…という感じでMacBookPro購入。2004年の4月(20日参照)に買ったiBook G4、2010年10月のAirに続く3台目のMac本体になります。

上のリンクは新品のもので、俺が買ったのは整備済のやつだけど。
この辺の理由は後述。

8年強ぶりのMacはリンゴのマークが光らなくなり、起動時の「ボーン」が無くなりと時代の流れを感じつつ、

まあ格好良いからいいかとなる。

TouchBarはやれ「バッテリーがもたない」だの「左上のESC部分にちょっと指がかすっただけで押された判定になっちゃってクッソめんどくさい」だの散々言われたことが頭にこびりついていたため、2017年の物理ファンクションキー付きにしました。今のAirが出た時にも買おうか迷ったんですが、性能面で「やっぱProにしときゃよかった」となるのが想像出来たのでProに、新品より整備済の方が使い倒すのに抵抗がなかろうと思って整備済製品に…したのに、開封したら使用感あるのがACアダプタだけでひっくり返った。どんだけ綺麗に使われてたの。

最低限のセットアップ後に慣らし運転(ゆゆ式を見る)も終わり、一つ前の買い物日記をアップしてからこの日記を書いてるわけですけども、違和感無く作業が出来ている…以上のメリットを感じる。
これは買って良かったかも。

今となってはブログの更新に専用ソフトを使うこともなくなったから、出先の作業に関する「Windows専用アプリ」の必要性も薄れてますし、(今度ちょっと値上がりする)Atok Passportの導入で文字入力の環境も整えやすくなりました。

なにより全画面にしたアプリを3本指スワイプで切り替えられるってやつ!
これいい!あんまり気が散らない環境が簡単に作れるのがすごい!なんでもっと早く教えてくれなかったんですか!(知らねえよ)

細かいところで融通がきかないとか、わからない事を調べるのにも知識が求められるから詰むときは詰む(NASの中身を参照しようとしただけで詰みかけました)とか色々ありそうですけど、初心に返って勉強しつつ使えるのもなかなかいいもんですね。作業用途に特化させつつ使い続けようかなと。
これでもうちょっと日記更新が捗れば言う事なしですよ。

…さて、ここ数年真っ当に日記を書けていなかったことで、備忘録としてのこのサイトが全く使えねえ状態になってしまっております。これではいけない。

というわけで、ここまでの顛末も含めてつらつらと書き残していきますね。

まずはVAIO Zを手放すところから考え始めた

メイン機としては先代にあたるVAIO Zは、日記では書いてなかった気がするんですけど「タッチパッドの誤作動があまりにも多く、サポートとのやりとりを経て”不満であればタッチパッドを切ってマウスにしなはれ“という結論に達した」という事案が喉に刺さった魚の小骨の如く地味なストレスを生み出し続けた結果、ある時我慢の限界を超えてしまったんですな。
この時はMacBookに対して「あれだけでかくて物理ボタンでもないトラックパッドなら、手のひらが触れることでの誤作動も無いんだろうなあ、羨ましいなあ」と思っていた一方、とはいえ今更Macに行くのも躊躇するなあという感じに二の足を踏んでいたんですが、そうこうしているうちにVAIO Zの本体裏面のゴムが剥がれ始めてきたからこりゃもうダメだとなる。

そしてやってきた中国のアレ

ちょうどその頃「ファーウェイが日本でもMatebook X Proを出す」という話が出ていて、性能と品質に対してコスパが尋常じゃないということで、「ファーウェイだし個人情報と引き換えの安値なのでは」「いやでもあれは魅力」というせめぎ合いがしばらく続いた結果、

さっくり購入。

案の定使用者のプライバシーを毛ほども大事にしない中華クオリティに度肝を抜かれはしたんですけど、ハードウエアとしては本当に素晴らしかった。画面は大きくベゼルは狭く、そして音質が良く処理も速くてなおかつ安い。

2〜3年はこれで持たせつつ、いつか登場するであろう超絶クールなVAIOの新モデルを待つのもいい…と思っていたのですが、アメリカがファーウェイ製品を締め出しにかかったことと、ちょうどMatebookに切り替えたあたりから様々な災厄に見舞われるようになった(特に9〜10月辺りは思い出すのもしんどいというか1ヶ月家のネットが死んでた)ことで「これはファーウェイのせいにするしかない」となって10月中旬に売却。

その後は特段ひどい目に遭うこともなく、災厄の一部が巻き戻ったりもしているからマジでファーウェイのせいだったのかもしんね。
なんで前厄の今年より去年の方がやべえんだよ。

そして俺は再びリンゴをかじった

そこから代わりになるノートPCを探し始めるも、Surface系は使用スタイルに合わず、Surface Laptopはパームレストがアルカンターラなのがしんどい上に側面の端子が今ひとつ。VAIO A12とSX14はいいんだけど高い…と考えていくと結局Macbook系かMatebook系しか残らないんですわ!というわけで冒頭に戻る。

これまでの2台のMacは、所有欲を十二分に満たしつつも、「結局はWindowsでしかできない作業があったから」という理由で長続きしませんでした。
今度のリンゴも一口かじっておしまいなのか、それとも芯までかじりつくせるのか。ちょっと色々試しつつ、楽しんでいこうと思った次第。頑張るぞ。