旅:19/04/14 – 西武線沿線でミエナイキズナを探し回ったこと


ミエナイキズナ 公式サイト
…というわけで、舞台めぐりが始めた新しいコンテンツを体験しに池袋へ。

現地チェックインをするとバイノーラル録音のボイスドラマ(青春アドベンチャーあたりで流れてもおかしくないクオリティの、すこしふしぎなラブストーリーだよ!)が聴ける…だけでなく、今回特筆すべきは”アプリ側からの呼びかけ”が実装されていることなんですな。
そのキーアイテムになるのが、

Xperia Ear Duo XEA20JP
「日常生活に音楽をプラスする」Xperia Ear Duo。
購入当初から俺の生活にすこぶるマッチし、これ無しでの外出が考えられないレベルで愛用しているアイテムが本コンテンツの役に立つというのです。そりゃ試したくなるわけですよ。

実際の動作イメージとしては、チェックイン可能な場所の近くに来ると「ここここー!」みたいな感じでゆかりさん(以下ゆかりん)がいきなり話しかけてくるので、

自分なりの好きな場所で写真に収め、ドラマを聴きながら付近を散策するなり、そそくさと次のスポットを目指すなりという流れになっております。
今回ゆかりんの位置やサイズは固定で、風景をゆかりんに合わせて行くのがなかなか新しい感じ。
つまり、↑でゆかりんを腐女子風にしたのは俺です。すまん。

で、「いきなり話しかけてくる」というシチュエーションを最大限に堪能するため必要になるのが周囲の音に一切の遮蔽感が無いXperia Ear Duoと。もちろん声自体は普通のイヤホンでも聴けますけど、話しかけられてる感なり物語への没入感にはかなり大きな差があるので、買ったり借りたりで是非一度体験してみていただければと思う次第。結構ギョッとする。

(俺が通っていた頃はこんなに綺麗じゃなかった)母校ががっつりフィーチャーされてて噴いた。なんかホントごめん。

ドラマ部分はかなりのボリュームで、特に徒歩移動の時間がかかる石神井公園(この後出てきます)では散歩ついでに聴くだけでも目的地に着いちゃうぐらいの長さではあるんですが、俺が遊んでたAndroid版(※)は画面表示中にしか再生が出来ず、何らかの要因で再生が止まると最初から再生し直しってのがかなり厳しい。舞台めぐり元来の仕様(GPSフル活用)も相まってバッテリー消費がかなり激しいので、1日で仕上げようという場合はモバイルバッテリー必携だと思った。

※iOS版はシークバーが使えるし画面消しても再生が続くしでこっちの方がええぞ。

そして舞台は広大な石神井公園へ。
ゆかりんの構図から映えるアングルがほぼ固定になってると思われるんですが、これもひとつの狙いだったりするのかもしれないね。

あいにくの曇り空だったけど桜は綺麗だった!
そして耳には外からのカップルの会話が、Xperia Ear Duoからはミエナイキズナのデート会話が同時に聞こえてくる。これが舞台めぐりのサウンドAR…

せめて景色は残していこうとチェックインしたらこれですよ!
いや可愛いんですよゆかりんは!世界一かわいいですけどゆかりんは!

指定の4ヶ所にチェックインすると、石神井公園駅前にある案内所でカードがもらえます。裏面にエピローグが聴けるQRコードが印字されているからそうそう在庫切れにはならないだろうってのと、カード自体の紙質がやたらと良いので期間中(〜6/30)に池袋界隈へ行けそうなら挑戦してみるべし。
石神井公園でかなり歩かされるから健康を気にする向きにもバッチリだし、

お腹が空いたら江古田の天下一品でラーメンを食えばよい。
(健康はどうした)

最後の最後にもらえるマイARが足まで含めた全身図ってのがまたエモいので、西武池袋線沿線民は全員やろうぜ!
俺も保谷に住んで仙狐さんに甘えたいです。