日記:22/07/16 – 2022年6月のまとめ


最近の生活を1ワードにまとめると多忙
本業と本業にまつわる考え事と、今後の予定の計画と裏でせこせこやってる家の断捨離作業に予定の計画あたりが消費されているリソースのほぼ全部なんですけど、じゃあそれ以外の時間何をしているかっていうと何もしたくないというか「なるべく脳を使いたくない」という感じになっております。
例えば仕事を休みたいと有休を取ったとして、そこで自分のことをしたらその時点で自分のことのために脳を使うんですよね。そうじゃないんです。脳も休めたいとなったらなにも考えたくないのだ。

…本日時点でまだ加入していない件に関する言い訳が終了したところで6月のまとめを始める。
次にPS5を起動する時には一緒に加入しますわ~!!

メガドライブミニ2の発表配信でメガCDタイトルの収録が実現したやつ。

メガCDって「これが良かった!」というタイトルにそこまで大きな振れ幅がないから、
「○○が入って欲しい」が結構な確率で実現するのがいいなと思った。ルナ2作とかね。

今後も数回に分けて言うと思うけど、メガCDってとにかくセーブ周りに問題があって、
本体内蔵のRAMは容量が少ないから大した数のセーブができず、
カートリッジ型のバックアップRAMは笑えるほど接触が悪くて、カセットのゲームを遊ぶからと抜き差しを10回もすると接触不良でデータが初期化されるの。この辺セガサターンのパワーメモリーにも継承されて「クソがよ…!」となった人もいるんじゃないかと思うんだけど。

で、メガドライブミニ2なら「ある日突然セーブデータがすっからかんになる」という心配がほぼ無くなるってのが本当に最高なんですよ。これで進行状況のリセットに怯えずに済むんだ!やった!

それはそれとしてぽっぷるメイルの話。
当時は移植先がCD-ROMになると、移植元には無かった豪華な音声と声優によるあれやこれやってのが付与されるのが当たり前になってて、しかも大元の基準が無いからハードによってキャストが違うことがまあまああったんですね。んでどっちの方がいいと戦争になる。
PCエンジン版のメイル役だった國府田マリ子さんは後々別の(カチューシャ)役で参加されてましたが、なんかAQUAの水無灯里役だったミズハスがARIAでアイちゃんになったのと同じような感慨を覚えますよね(ねえよ)。この辺早口で喋ってますからね。

そういえば、TARAKO・ファルコムぴーヒャララのコーナージングルにベアナックル3のオカマのテーマが使われてましたね。メガドライブミニ2にベアナックル3が入るフラグかな???

「メガドライブミニ2はマウスにも対応します」という宣言をわざわざした時点で「もしや」と思ってるやつ。こいつマウス対応ですんでね。今こそ!って感じですよね。

突発秋田旅行。

ババがヘラで盛ってくれるアイス。
冷たくて美味しかったんだけど、当日寒くてちょっと気合いを入れる必要があった。

男鹿水族館GAO
白クマの白上フブキがわりと前面に押し出されてますが(めっちゃ遊び回ってて超絶可愛かった)、ゴマフアザラシのファンサがえげつないレベルで死ぬほど可愛く、ついつい長時間滞在してしまった。後述する案件で今後も秋田には来たいので、ここはまた遊びに来たいですな。

秋田行きが決まった時、2人のVTuberさんがやってた温泉旅行配信を見て「ここでは…?」となっていた宿に泊まりたい、っつって予約を取った元湯 秋田温泉さとみ
何とは言わんが検索結果を残しておきます。また2人で旅行してきてくれ…

今回3人部屋だったことと晩ご飯無しのコースだったことで「宿に泊まった」ぐらいしか言える事がないんですけど、とにかく温泉が最高。俺は今まで山系のヌルヌル温泉と海系のしょっぱい温泉は全くの別物として考えていた(個人的にはヌルヌルが好き)んですが、ここは超絶しょっぱいのに尋常じゃなくヌルヌルしているという夢のような泉質。しかも湯量が尋常じゃないのに適温。何時間でも入っていられる。
保温効果と保湿効果と美肌効果を全て兼ね備えていて湯上がりの肌もスベッスベになっており、「身近にこんな温泉があるんだったらそら秋田の人は肌が綺麗になりますわ」と感じ入るなどした。ここもまた泊まりに来たい。

今回の目的地こと日本料理たかむら
「東京から江戸料理を食べに秋田まで行く」という字面に思うところもあるかと思うんですけど、秋田どころかこのお店でしか飲めないお酒をいただきつつ食べる懐石料理からしか得られない栄養素があるから仕方ないのだ。四季島でもお弁当を食べられた時期があるらしいよ。

会員しか予約が取れないってことだし、次に来られるのはいつになるかな…
と思いながらいざお会計となった段でスッと差し出される入会申込書。

はい。

2日目に俺たっての希望で向かった、県境を少し岩手側に移動した場所にある国見温泉石塚旅館
バスクリンでも入ってんのかという鮮やかすぎるエメラルドグリーンのお湯に、長湯すると中毒を起こすんじゃないかと心配するほどの硫化水素臭。飲泉が身体に良いとのことですけど激烈にまずい。
で、湯上がりの肌がスベスベを通り越してツルツルになる。入浴というよりコーティングなんだよなあここ。マジで死ぬまでに一度入りに来て欲しい。そしてクソまずいお湯をたらふく飲むのだ。

これは3店舗の写真をまとめたやつ。

1枚目は角館にある自家製麺伊藤。ポリポリの麺にあっさり醬油スープが大変に美味で、東京にも店舗が複数あります。聖地巡礼みたいな感じだな。

2・3枚目は田沢湖駅前のそば五郎で食べたたぬきそばとまぜそば。
水が美味いと麺も美味い、以上に味が繊細なところもあって総合力が非常に高かったです。
「いやいや昼ラーメンだったでしょ?麺地獄か?」と思いながら食べ始めたら一瞬で消えた。

4枚目のカニは、秋田旅行の最後を飾った秋田おでんのさけ富ってところ。
秋田美人が接客してくれるガールズバーみたいな文句を見て幹事が即決してたんですけど(なすりつけていくスタイル)、初手でいただいたおでんのお出汁がやばいぐらい美味くて「あ、めっちゃ食います」となった。とにかくおでんがお上品で美味しい。ゆきの美人等々の地酒もいい。そして実際に綺麗な方が接客してくれました。さすが居酒屋百名店。
…背後で活発に対応してくれたオーナーのおっちゃんが大洗の常盤さんみたいなキャラと見た目の人で、色々上手いことやってくれるところの上の人はみんなこんな感じなのかと思ったりもする。

別にこのお店だけじゃなかったんだけど、秋田で食べた食事はどれもただの塩より出汁って感じの味付けで見た目もさっぱりしていた印象。東北は一律で色が濃くてしょっぱい系の調味料なんだと思い込んでたから、かなり良い意味で裏切られました。何食っても美味かった…

角館の武家屋敷、田沢湖、田沢湖とたつこ像、西武。
今回基本的に曇天だったから観光は控え目でもいいのかな、と思いながらの移動だったのに、いざ田沢湖の方に向かったら嘘のように晴れちゃってありがたいやらクソ暑いやら。いやー綺麗だったな!

旅行中私事でわりとバタバタしてたところもあるんで、今度ゆっくりできる時にのんびりしにくるわ。ありがとう秋田。また行くぞ。

ちょいちょいメシ食ってる宮元さんが出とる!で俺だけざわついたやつ。
ブシロ絡みでホロライブがなんかやった時に感想を投げてる。

どちらも好きで見てる。

6期生の3D、全部「絵が動いてる!!!!!」としか言えない問題。
いろは殿可愛過ぎんか?

記事の頭にも書いた家の断捨離は主に倉庫部屋の物減らしなんだけど、
目下の課題は照明とエアコンのコンセント周りが旧規格なので電気屋の介入が必要なこと。
これを含めつつ、なんとか夏の間にスッキリさせたいんだよな。

おかえりエロライブとか言ってたらホロライブサマーも帰ってきて爆笑した。

最高。
スクリーンXの考え方が「横の壁に無理矢理映像を映す」なので、そもそも両サイドの映像は解像感が低いという欠点を今後カバーしていく気があるのかはちょっと気になってるところではある。
トップガンがスクリーンXの恩恵を受けているのは飛行シーンが中心だから、中央に集中しつつ両サイドは流れる背景を体感するだけでよい…ってあたりも相性は最高と言えるものの、やっぱり横もくっきりしていて欲しいとか、そもそもスクリーンと横の壁がほぼ直角なのが気になるとかになってくると、スクリーンXのフォーマットをフルに体感できる半円型の劇場を作らないといかんのじゃないかとか欲が尽きないんだよね。

とりあえずVR機器のキラーコンテンツとして映像を用意してくれると嬉しい感じ。
定期的にリバイバル上映してね。

仕込んでた。

浅草今半の「牛どんのぐ」。
ツイートでは肉を増やせば味が薄まって丁度良くなるのではとか狂ったことを言ってますが、本来はすき焼き風牛丼なのでしかるべき具を足すものです。いや肉足したいけど。

浅草一文の本店で割り勘飲み会をしたときのやつ。

まずはお席にてお金を木札に両替。(100円=1文)両替が済みましたら、浅草一文自慢のお料理をぜひご堪能下さい。

と公式サイトに書かれてはいるが、木札への両替は無し。感染症対策なのかもしれないな。
結果どうなるかっていうと、「お酒13文…まあいいか…」と1300円のお酒をうっかり注文するような感じになってしまっており、これ両替が無い方が絶対客単価が高いでしょ。コース料理のお値段がお手頃じゃなかったら死んでいたかもしれない。

本鮪の上ねぎま鍋、大変美味しゅうございました。これは冬にまた来たい。

マジでうめえよ。
フライドポテトは今後リピートしていくぞ。

軽はずみにたん清食べたいと言ったら言い出しっぺの法則が発動したやつ。
メニュー表の額面に対する食材(特に牛タン)の提供量が異常で、4人前頼んだら大皿に載りきらないというボリューム感に嬉し涙を流した。この極厚牛タン天国はまた堪能しなければならない。

買った。断捨離に逆行しているが仕方ないのだ。

今この時の報いをプリコネの水着ガチャで受けてる。

作品内では全員が笑顔、
見ているオタクは全員が号泣という終わり方をした。アニガサキさん大傑作だった。

これでスクスタのシナリオを見ても「まあアニガサキがあるし」となれる身体になったので、ヒマになったらちょっとずつ読んで行こうと思っちょります。その日は…来るかな…?

シャーロックホームズで美味しいハンバーグを食べてきたときのやつ。

「中がほぼ生のハンバーグを食べる」という点においてはさわやかと同等なんですけど、
これはどっちかっつーとブロンコビリー等良くあるタイプのお店でお肉はかなり柔らかめ。
さわやかは肉の密度がえらいことになっていて食感もワイルドなので、さわやかの代わりに食べるって感じのハンバーグじゃないかなってのが正直なところ。どっちも美味くてどっちもいい。

ただ、使ってるお肉がかなりいいやつなのでものすごい美味。300gなんか一瞬だった。
次は1ポンドを頼むと思うけど一瞬でなくなると思う。

IKEAは生活エリアだと南船橋にでかい店舗があるんだけど、あそこは絶対に渋滞と戦う羽目になるから高速使って幕張まで行っちゃってたのよね。お店はすげえ良かったから今後渋滞と向き合っていく所存。

東京ドゥームに行った時のやつ。

東京ドームでのコンサートには良く登板するらしい超特大ワイドスクリーンはマジで最高。
他のコンテンツでもやれ=他のコンテンツも東京ドームでやれになるようなので、要するにアイマスも単独ライブを東京ドームでやれってことだよ!
このスクリーンに演者さんが全員並んだらアイマスおじさんは失神してしまうと思う。

Aqoursのライブもまー長いこと通ってますし、一緒に行ってる人と「まあ現地参戦も今回までってことで良いですかね」と話をしてから本番ってことも毎回のことなんですけど、いざ終わると「やべえ良かった 次もまた来るぞ」と言いながら帰ることになってるんだよな…

関わる人間全員の愛と意地と気合いで走り続ける姿に胸を打たれつつ、
まずは来年のライブを楽しみにしております。

「この声優ライブの幕間で流れるバーチャルデート感~~~~~!!!!!」と思いながら見てた。これはすげえ良かった。

今期つづきみのお手伝いも無事に終了。ありがとうございました。

リコリス・リコイルがすごい跳ねてるらしいぞ。
(異世界おじさんを見ながら)

「そうかーーーーーーーー………!!!お疲れ様でした!!!」となった時のやつ。
一度だけでも食べに伺えて本当に良かった。ご馳走様でした。

アズレンの加賀友禅コラボが無かったら本当に行けていなかったと思う。アズレンもありがとう。