雑記:14/03/05


“動く博物館”銚子電鉄に乗ってみた 「ぬれ煎餅」で一度は危機脱するも、前途厳しく

いつまでもあると思うな銚子電鉄。今のうちに乗って、あるいはぬれ煎餅を買うことで末永く昭和の鉄道風景が存続するよう、支えていきたいものである。

ホントそうですね。また乗りにいこう。

僕のGoogleアカウントが不正アクセスされた話をします
e-onkyo、溝口肇の〈眠るための音楽〉を集めた新アルバムを配信

マツダ、“跳(HAZUMI)”を世界初公開