買い物-08/05/23


スケッチブック 5+ARIA the Origination 2

080523_01

□スケッチブック5巻のパッケ絵が和みすぎて困る。
なんだいこの栗ちゃんの幸せそうな顔は。けしからんな全く。

中身は中身で犬男に和みます。たまらん。

□ARIAの2巻は、3期の評価をある種決定付けたとも言える4話を収録。
いつ見ても、何度見ても、あまりの素晴らしさにため息が出るな。
この話以降、俺の印象が「癒やしアニメ」から「感動の大傑作」へと変わっていきました。

Bパート後半の杏のセリフは俺の人生のどこかを支えてくれそうな気がします…が、
ピクチャードラマの杏はまんまアスミスで噴いた。和む。

□それにしても、スケブなりARIAなり、他の作品でも多くがそうではありますが、
凄い音楽にこだわっているにも関わらず、
収録されているのが音声レートが192kbpsのドルビーデジタルってのには
ちょっと納得しかねる部分があるんですよね…

非圧縮PCMを突っ込んでしまうと片面2層になっちゃうからなのかもしれませんが、
CLANNADのDVD(片面2層)がリニアPCMで収録されているのを見ていると、
他はともかくとしても、この2作品で音質にこだわらなくてどうするんじゃいと
突っ込んでしまいたくなるのが正直なところです。

この辺に関しては、音質面という意味でもBDにしてくれないかなあと本気で思います。
これからもずっと楽しみ続けていきたい、素晴らしい作品なのだからなおさら。