肉日記:14/06/17 – 煉瓦(東京・渋谷)


5時間以上かけて焼き上げる日本初の「炉窯ステーキ」、渋谷にオープン!
炉窯ステーキ煉瓦(レンガ)|食べログ

140617_01

「そのオープン日が今日なんで予約取ったんですけど行きません?」
とお誘いを受けたので行ってきたメモ。
今後少しはメシ食った日記を(最近のもの含め)載せていきますね。

肉日記なのでいきなり肉を載せる。

140617_03

栃木牛(イチボ)の熟成肉を炉窯でじーっくり焼き上げたというステーキ。
でかい肉塊を切り分けるスタイルってことで、人によって部位が異なります。
食感にも差があったので、感想に関しても人によって違ってくるんじゃないかな。

140617_05140617_04

改めて見返すと赤いな!
俺がいただいたのは柔らかいところ(左)とやや噛み応えがあるところ(右)で、
噛んでも噛んでも熟成肉ならではの旨味が出てくる右のお肉が凄いお得感。
左のお肉も「うわー俺霜降り和牛食ってる!」という幸福感と共にバクバク食えてしまった。

現在流行りのエイジングビーフって狙って食べた事があんまり無いんですけど、
「旨味が凝縮されている=クセがより強くなっている」という感じになるので、
牛肉料理を食べる際にソースが無いと駄目って人には事前に確認取った方が良いかも。
ぼかー塩すら無くても食えちゃうので全然問題無い人です。

140617_02

なお、本日のメニューはこんな感じでした。
コース単体のお値段は、10セットガチャ2回+特別3セットリミテッドガチャ1回分ぐらい。
…コーラとビールが同じお値段のお店に初めて入った気がする。

140617_06140617_07

正直出された料理は全部美味しかったんですけど、食ってばっかで写真が適当である。

140617_08

なおかつ詳細なメニュー内容もマトモに聞いてなくて大変申し訳ないんですが、
デザートに出されたパンナコッタをスモークしたようなやつ(ホントすいません)が
肉の感動を上回りかねない程に美味しくて大きな衝撃を受けた。
味の印象は「スモークチーズのチーズがパンナコッタになったような感じ」なんですけど美味い。
身近な物で代用が効かない味で説明し辛いんですが、感動した事だけはお伝えしていきたい。

なんか7月頭ぐらいまでは予約が入りまくっているらしく、
コンセプトの面白さや味の良さ、ついでに立地(渋谷といえばヤングの街ですよね)から、
遠くない将来テレビに紹介されて更に行きづらくなりそうな予感がしますので、
月末ガチャ貯金を崩して肉を食いたいという方は早めに予約を入れた方が良いかもしんね。
21時以降はまた別のメニュー提供になるのかな。その辺も確認したいなー。

…なお、

140617_09

全てのテーブルにメインディッシュが提供された後にお肉が余っている場合、
「おかわりをお持ちしましょうか?」とメインのステーキを追加で持ってくるという
もうなんだかよく分からないぐらい強烈なサービスがあるかもしれないので、
これから行くという方は期待に胸膨らませて行くといいと思う。きっと腹が膨れるぞ。
無い/少ない日だったらごめん。