TBSアニメフェスタ2010


100809_01

記念すべき10周年を迎えたアニメフェスタは、
昨年を遙かに上回る芳文社無双でございました。

ここでの「簡単な雑感」もこれで8回目。思えば長い事やってきたなー。結構適当とはいえ。

会長はメイド様!
冒頭の「お帰りなさいませ、ご主人様」が全部持って行った気がする。
先が待ちきれずに(というか4話辺りの時点で)原作単行本を全部読んでしまった身からすると、
ここから先の激甘な展開が本当に楽しみなので是非ともテレビにかじりついていきたい。

ちなみに今回の周囲の方々に関してですが、腐な女性やオモシロ外人さんはおらず。
真後ろで(大きな声で)雑談をする関西弁の方が終始気になった感じでした。
ステージ上の出来事に対する反応じゃなかったのがまたちょっとね…

もっとTo LOVEる
(実は公式サイトで前日に公開してた)PVが下着祭りだったため、
「おいおいTBSも遂にその辺解禁しちゃうの?」と思ったらTBSでは放送しない作品でした。
とはいえ放送版では光ったり煙ったり大騒ぎなんだろうなーとは。

おおきく振りかぶって ~夏の大会編~
えんじぇるびーつのなまえをだされたらわらっちゃうしかないよね!
この辺からステージがコント会場になってきた感じがする。

おおかみかくし
クイズ企画と称してクイズ100人に聞きましたのセルフパロディが!!(→参考
基本的な進行から関口宏の仕草まで(向井アナが)超頑張って再現しており、
あまりのおっさんホイホイっぷりに死ぬ程笑ってしまったのですが、
この辺手を叩いて喜んだり「あるあるあるある!」と叫んだのが
周囲では俺と隣のありさんだけであり、ジェネレーションギャップに絶望するなどした。

□新作情報
「けんぷファーの新企画発表」との事でしたが、
…あの…にゃんこいは…

↓ここから第2部
□企画コーナー
TBSアニメフェスタの10周年記念企画。
ダイジェスト映像が懐かしいやら石田燿子ライブで「Sugar Baby Love」が流れた直後に
涙腺が開きそうになってしばらく無言になるやらもう大変。
ある意味これが今回最高のコーナーだったかもしれません。

…思えばその昔、ぽぽたん絡みでUNDER17のライブが行われた際、
歌が始まるって時に観客が一斉にステージ前に殺到、
強い注意も無ければ中断もされずにそのまま思う存分盛り上がって、
曲が終わったらみんないそいそと席に戻る…という事もありました。
今考えると凄い自由で、そして大らかなイベントだったなー。

もちろん、今のような状態が本来正しい形だってのはもちろんなんですけど、
例えばけいおんのライブで同じような事になったら本気で危ないと思うのよね。
そうやって今昔を思い返して、色々考えるきっかけにもなったコーナーでございました。

□新作アニメ:夢喰いメリー
PVがちょっと流れて大興奮。
メインキャスト3人のみの公開となりましたが、
原作を読んでる時点で中田譲治の声になってるジョンが誰になるのか非常に気になる。

佐倉綾音さんに関しては、えーと、ポテンシャルは凄いと思うので、
それが正しい方に向かう事を祈ります。
…す、ステージ上でのやりとりに関してはこの辺で締めちゃって良いでしょうか!

□新作アニメ:IS(インフィニット・ストラトス)
原作を存じ上げなかったため、
「マクロスFとストパン混ぜたみたいですね」とか思っちゃいましたすんません。
いやパンツは無いけども。

そいや緋弾のアリアもこの場でアニメ化が発表されましたが、
新企画言うてたけんぷファーも含め、メディアファクトリー作品の元気が良いですね。

それでも町は廻っている
1話が先行上映。
…いやーすげえ楽しかったです。これはBD買うわ。

開始から4時間近く、第2部の終わり付近まで本編上映が無いアニフェスってかなり珍しい…
ってのはともかくとして、
作品としては男性キャスト陣が凄まじく豪華かつ最高だったんですけど、
ステージに登壇されたのが女性キャストばっかりだったのが少々残念だったかなー。
今回は全体的にターゲットが男性でしたね。

↓ここから第3部
アマガミSS
会場も出演陣もどん引きで爆笑してしまった。
いやー真顔の変態って凄いよね!録りためてる分は夏が終わるまでに消化しよう。

ひだまりスケッチx☆☆☆
ここまでは皆様基本的に着座状態での鑑賞だったんですが、
「最初に一発歌います」という流れになった途端に勢い良く立ち上がったのにちょっと笑ったw
俺もですけどね!

最初に「できるかなって☆☆☆」、最後に1期と2期のOPの3曲が。
超☆ひだまつりから半年近く、未だ興奮冷めやらぬ状態でのライブだっただけに、
なんか色々思い出しちゃって非常に胸熱でございました。

事前にモロバレだった特別編はさっさと発表して全編まるごと上映。
原作の第1話からずっと追いかけてきた分の思い入れもあるっちゃそうなんですけど、
新作エピソードを見られる事が、これほど幸せに感じられる作品も他にありません。
「特別編を年中行事にしたい」とか話に出てましたが本当にそうだよ!お願いしますよ!

あーでもひだまり王決定戦の日は東京にいないと思います。みんな頑張れ。

けいおん!!
完全にライブ主体でしたねー。
短いながらも2期のOPED4曲。そら盛り上がるわい。

まだ2期が途中、かつ原作とアニメの終了時期を合わせて来ているっぽいからか、
取り立てて大きな発表はありませんでした。
ひだまりみたいな「まだまだ末永く続けるよ!」という意気込みは薄かったかもしれませんが、
今後ライブも含めたいろいろな発表がある事をちょっと期待していきたいところ。

□まとめ
夢喰いメリーはもちろん、それ町も今からすげえ楽しみ。

一方、10周年という事で何か思うところがあったのか、それとも偶然なのかはともかく、
これまでのアニメフェスタとはいささか趣が違ったな、という印象が残りました。
本編上映がそれ町とひだまりの2作品だけだったーとか。

また、プログラムと実際の進行に違いがあったり、
ステージ中でも細かなところでちぐはぐだったり(立ち位置とコメントの順番がずれる)等、
これまで気にした事も無かった点が妙に目に付いたりも。
向井アナは例年と変わらず最高だったので、次も大いに期待していきたい。

ともあれ、11回目となる来年のアニメフェスタも楽しみにしております。
ひだまりのステージが無くなっちゃうと物凄い寂しいのよね…どうなりますかね。