買い物-08/03/21


CLANNAD 4+「ARIA The ORIGINATION」Drama CD I

080321_01

CLANNADのDVDもことみ編に突入。
クオリティに大きな起伏が無い(高値安定な)分、
言及ポイントも原則として今までの感想に準じる感じになってしまいます。
京アニのこだわりをより高いレートで堪能したい、という点に関しても同様。

放送では、学生編にて綺麗に一区切りついてしまいますね。
アフターの発表に期待しながら録画予約をしておく事としますか。

一方こちらも最終回に向けて、
毎回毎回名状しがたい幸福感にどっぷり浸かれている、ARIA3期のドラマCD第一弾。

PCでの作業中にメインのシステムで再生させていると、
ふとした事でテレビの方を振り向いてしまうほどにドラマCDっぽくない空気で、
原作が終了しているARIAのストーリーを追体験するという味わい方においては
これまでにないクオリティの高さを持っていると思います。
3期はドラマCDも神がかってました。こうなるとDVDも本当に楽しみ。

ザ・シンプソンズ MOVIE(BD版)DVD版

080321_02

「日本人が見るべきシンプソンズの劇場版はこのディスクの中に詰まっている」
そう言っても過言ではない、オリジナルキャストの吹替え版が収録されたBDも査収。
大平ホーマーの最初のセリフでボロボロ泣いてしまう人もいるのではないでしょうか。

画質音質ともに文句の付けようが無い品質を保っておりますので、
環境があるなら1000円上乗せしてでもBD版を買うのが正解だと思います。
(DVD版にも音声が3パターン入っているので、結構無理があるのではなかろうか)

劇場版ってだけあって起承転結が上手くまとまっており、普通に楽しむ事ができます。
声優変更のトラブルに対して少なからぬ思いを抱いていた方は、
是非とも1枚お手元に置いておく事で、FOXの英断に対する支持をしてあげて下さい。
5月には吹替え版の上映会をやるという話もありますので、興味のある方は是非。