お買い物-07/03/31


きららキャラット5月号+ARIA10巻

 
キャラットの方は次号最終回が2つ。
「おこのみで!」は結構好きだったんで、幸せな結末を迎えて欲しいもんです。

そして単行本ユーザーとしてはまさに待望だったARIAの10巻。
相変わらず心を揉みほぐしてくれるほのぼのしたお話群、であるのは間違いないんですが、
途中にあったアテナさんの
「楽しい事や素敵な事は自分でいくらでも生み出す事ができる」
…っていう類のセリフに深く考えさせられたりも。
温かなエールもたくさん入っておりました。

今までのお話にもたくさんあったとは思うんですけど、
なんか10巻に点在する「嬉しくてたまらないアリシアさんの笑顔」は
こっちもたまらない気分になってきてな…読み手の心の問題なのかね。

これまであまり表に出てこなかった「一般的な視点から見る灯里の腕前」が
トラゲットのエピソードで明らかになった事もあり、
この辺りから少しずつ話が動き出すのかもしれません。
OVAも含めて楽しみにしておく事としますかね。

Sincerely Dears…+ひだまりスケッチ1

 
というわけでベストアルバム査収(゚Д゚)
非常に収納に困るサイズのパッケージでございました。

CDの方は取り立てて何かをしているというわけでもない至って普通のベスト盤(A面縛り)。
「ゆかり王国に入り立てなんだけど、過去のアルバムを全部買うのは…」という人に対する、
このコールを押さえておけばとりあえずライブで疎外感を味わわないかなー?
といった感じの楽曲群ではあります。
特にBaby’s Breathなんかは初めて見た人が絶対に引くから予習は必須と言ってもよい。

そして新曲はおもきし夏のライブで最後に歌いそうな曲ですなあ。
…同時に俺達も歌う事になりそうな曲でもあるので今から覚えておくとしますか。

とはいえ、本音を言っちゃえば「足りん!」という事になる。
良い曲はまだまだたくさんあるんで、このCDを抵抗無く聴けるようなら残り全部買うべし。

ま、CDというよりDVDだけでも代金分の元は取れますので、
損した気分には絶対にならないと思います。
DVDはこれからじっくり見よう。

□そして、ついでに気分で(ごめんなさい)ひだまりスケッチのDVD査収。
半ばコメンタリー目当てではありましたが、
吉野屋先生と蒼樹うめ先生といういわばデュアルティーチャー構成で大満足と言いますか、
1巻目からいきなり大御所クラスを出してきてこの先どうなるのか非常に楽しみです。

ちなみに、きららオールスター的な提供バックイラストもしっかり入ってました。紙で。

DVDで改めて実感した事ではありますが、この作品もBGMの音質が非常によろしい。
ワイドショー受けのやたら良さそうな楽曲揃いでもありますし、
本編含めてこれから末永く愛されそうな作品だと思った。
今なら6巻まとめて収納できるデジパック入りなので、
じゃあ2巻以降の空パケどうすんだというご無体な指摘には耳を貸さずに購入しておくべし。
…ホントにどうしようね。