買い物:20/12/25 – PC周りの環境を整えた話 その2

前回の続き。
勝った物に関しては結構時期に前後があります。今回は机周りのやつね。

FILCO ウッドリストレスト アメリカンチェリー材 Lサイズ

長年使ってきたウレタンのパームレストがかなりえぐい見た目になっていたため、
じゃあ少し良い(そして見た目がえぐくなりにくい)やつにしようと思って購入。

「天然木なので模様が全て違う=模様で使用者がバレる」
というデメリットを注文後に認識しましたけど、まあ困ることは無いか。
付属のラバークッションはまあまあ適当に貼ってもなんとかなります。

キーボード(購入時の日記)にジャストフィットで非常に良い感じ。
今後薄型キーボードに乗り換えることでも無い限りは生涯現役だと思いますし。
ここはひとつ綺麗に使い倒していきたい。

で、パームレストを綺麗に使おうと思った時点で気になったのがデスクマット。
これ机用じゃなくてメタルラックの棚板用ってこともあり、
なにかちょうど良い…それも見た目がそこそこいいやつ…と色々探した結果、

Satechi Ecoレザー デスクメイト デスクマット (60x30cm) (ブラック)

Macユーザー向けのデザインと高単価にこだわっているSATECHIのマットを買った。
※コロナの影響で更に値段が上がったり入荷が途絶したりと散々な目に遭っている模様。
頑張ってほしい。

デスクマットといえば、オフィス用マット等、使い勝手のいい物はたくさんありますよね。
ただ今の机上スペースから考えた時、奥行き45cmとか幅90cmとかになった時点で大き過ぎるとなってしまい選択肢が劇的に減少。ゲーマー向けのマウスパッド兼用デスクマットだと書き物ができないし、格安マットは巻きグセがやばくて端がびろーんとなるらしいしと、調べれば調べるほどこいつ一択になっていったのは軽いホラーでした。俺の生活スタイルが偏ってるだけですけど。

配置。格好いいですね。

手触りも良い感じで品質には満足してるんですが、いざ上にキーボードとパームレストを載せると占有率が尋常じゃなくてスマートな環境とは言いづらく、かつ書き物がギリギリできない(ペンで書くと紙に穴があく)絶妙なやわらかさ。想定外が重なってしまった。

…とは言いつつ、なんぞ机に載せて撮影する際には非常に助かっています。
MacBookを置くだけ・あるいはiMacとMagic KeyboardとMagic Trackpadしか使わんという勢にはベストマッチだと思いますんで、今在庫がある中で気に入った色があったら是非とも検討してみてくださいな。

Baskiss 電源タップ & ケーブルボックス テーブルタップ収納ボックス 1セット Lサイズ & Mサイズ ブラック

ケーブルボックスの上とかに開いてる「充電ケーブルを出しやすくする穴」が気に入らず、
ホコリを入れたくなくてケーブルボックス買うんだから穴は最小限にしろと思いながら探したやつ。大小それぞれに使い道があるので大変助かっております。

底面に滑り止めが一切付いていないので、
近所の100均かホームセンターでゴム足を買うと捗るかも。

買い物:20/12/18 – PC周りの環境を整えた話 その1

新型コロナウイルスの影響によって外出の機会と会食の回数が激減、
ついでに家にいる時間が激増した今年の前半中盤
断捨離という名の身辺整理を行う中で色々買い揃えたものがあったので、
今後数回、PC周りの買い物に関してざっくり感想を並べることとします。

今回は2つ。

グリーンハウス モニターアーム 前後移動の4軸タイプ クランプ式 30インチ対応 耐荷重10kg GH-AMDB1

まずはモニターアーム。(一緒に写ってるやつは後述)
モニターを机にポン置きするよりもなんかカッコいいのではないか?という単純極まりない理由で、かつ勢いだけで買っても後で後悔しなさそうなお値段のものを…と探したらこちらになりました。

これがビフォー、

こっちがアフター。
いやースッキリしましたね!画面が浮いてる感じがよき!
元々のスタンドよりも後ろに寄せられた(机上スペースが広がった)のも良い感じです。

…が、
めっっっっっっっっっっっちゃめちゃ揺れる。
この頃は机を置いている部分の床が柔くて机全体が揺れやすかったのもありますけど、
ちょっとタイピングをしただけでグラグラしてちょっと酔うんですよ。
実際やってみないと分からないことは多いってことだな!もっと事前に調べろ!

正直これはやべえと思ったため、

後日木のブロックを買って下に敷き、
更にホームセンターでちっこいゴム足を買ってモニターの下に置いたのでした。
いささか本末転倒感はあるけど、まあスッキリしたからよしということでひとつ。

LEDテープライト(販売終了っぽい)

間接照明があったらカッコいいのではないか?と(またかよ)購入。

すごい。

カッコいいかどうかはともかくとしてだ。

ホワイトの色温度が尋常じゃなく高い(青では??)のは流石1000円ちょいという感じ。
同じ1000円台でもう少し細かな色調節ができるものもたくさんあるみたいなので、
モニター裏に光源を増やして目に優しい生活を送りたいという方は是非。
ちなみに電源はUSBなので、モニターにUSBハブ機能があったらそこでまかなえます。

買い物:20/12/02 – MacBook用のUSBハブ

USB C ハブ 7in2 【40g 超軽量】 MacBook Pro ハブ 4K HDMI / Thunderbolt 3 ポート 100W PD急速充電ポート / 5Gbps高速データ転送ポート5K@60Hzビデオ出力 / Micro/SDカードスロット / USB 3.0ポート*2 Type C ハブ MacBook Air HUB MacBook Pro 2020/ 2019/ 2018/ 2017/ 2016, MacBook Air 2020/ 2019/ 2018 対応

型番が無いので↑のような長い感じになるんだよ!
機能に関しては見たまんま、2ポートを使用する多機能ハブです。

Amazonには似たようなのが山程並んでますけど、端子の種類や位置関係、メーカーロゴが過度な主張をしていない等を考慮に入れた結果、特に選んだわけでもないのに先日購入した充電台と同じメーカーに落ち着いた。俺好みの製品を出すところなのか。

全く同じ色ではないけど違和感も無い。
一通り試した感じでは各ポートの機能的にも問題無く、かつ複数端子を使用していてもあんまり熱くならないのは結構良い感じかも。この類のハブは妙に熱くなりがちだからな…

なお、Thunderbolt4ポートのMacBook Proには先日の日記で話した通り「片方の2ポートを全部使うと本体がクッソ熱くなって処理速度が落ちる」というふざけた欠陥があるため、ハブを使う時には反対側のポートで充電した方がよさげ。
それから上下方向のグラつきがいささか気になる(USB-C型の穴2つで本体を支えてるんだからそりゃそうだろという話)ので、特にUSBケーブルやHDMIケーブルを接続する時には無理をしないよう気を遣う必要があります。本体がスポッと抜けちゃうことはないんだけどね。

買い物:20/11/17 – MOFT(MacBookPro用のスタンド)

【正規代理店】MOFT ノートパソコン スタンド PCスタンド テレワーク 折りたたみ 超軽量 超極薄 Macbook Pro/Air/タブレット/その他ノートPC 15.6インチまで対応(スペースグレイ)

「MacBookProの買い換えにあわせて買っとくか」と注文したやつ。
本体の裏に貼り付けるタイプの簡易スタンドです。

貼り付け位置には厳格な決まりが無いっぽい。
うしろギリギリぐらいにしておけばええやろと思ってこんな感じにしましたが、
もし後から位置を調整したいと思った場合でも、貼り直しは結構簡単みたいですな。

スタンドの高さは2段階に調節可能

低い方は通常作業用。
思ったより安定感がきちんとしていて良い感じ。

高い方は俺の環境だと使い道が無いな!
なんぞ再生する時に使うかもという感じ。もしくは別途キーボードを用意するとかかな。

スタンド機能を使わない時の安定感がいまいち

いざ運用を始めて「あちゃー」と思ったのが、
スタンドを立てて無い時にすんごいガタつくところ。
使用中の写真等から「本体のゴム足の方が高そうだからなんとかなるやろ」と思ってたところはあるんですけどまーーそんなことは無く、これを使うならスタンドを立てての使用が前提になりそう…ってのが想定外なポイントでした。

使い続けるかは今後の使用環境次第かなーこれ。
これを書いてる現時点では2000円未満に値下がりしてるので、ちょっと試してみたいという方は是非。

買い物:20/11/14 – MacBookProを買い換えてた話

Apple MacBook Pro Intel プロセッサ (13インチPro, 16GB RAM, 512GB SSDストレージ, Magic Keyboard) – スペースグレイ

日記にせずモタモタしている間に下位モデルがM1チップ採用の新型に置き換わってしまい、
「まだだ!まだ一応公式でも買える!」ということで備忘録を残す。

※買い換える前の日記:買い物:19/04/07 – MacBookPro

元々使っていたMacBookPro2017で実感したのは「日常使用に全く問題無かった」こと。
日々の生活や作業、趣味の消化に至るまで、Windowsノートじゃないとできない事はほとんど無くなっていました。ついでにWindowsノートで感じていた「いうて家ではデスクトップがあるからな…ノートの方は必要か…?」というジレンマが解消されたことも大きい。別環境だと「使用機会は減ったけどまあ(手元に残しておいても)ええやろ」となるんですね。

細かいとこだとradikoroの公開終了にショックを受けつつradicocoに移行したぐらいで、今のところ問題無く毎日を過ごせており、このまま2017モデルを使い倒そう…
と思っていたところにやってきた「キーボードが改修された」新Proの登場、そしてAppleシリコン搭載Macの登場予告。IntelCPUの最終モデルを買うなら今しかないという状況が突然やってきたんだからまあこれはね!仕方ないですよね!

キーボードの他にも「TouchIDが欲しい」「Thunderboltは4ポート欲しい」という気持ちが日々募っていたので、まあ買い換えもやむなしって感じでしたね…
整備済みの本体でも買取金額がほとんど変わらないのが大変ありがたかった。さすがMac様やで。

開封して並べた

新旧並べても違いがわからない。(右が2020)
新品の方が箱がでかいってぐらいですかね。

パカッと開けたら結構違う。
TouchBarからESCキーが独立してくれたのも買い換えの動機としては大きかった。

環境の移行もだいぶ簡単に(数回転送エラーが出たけど)終わった。
あっけなかった。

超絶良くなったところ

新しいキーボード!
打鍵感がふつう!!
普通って素晴らしい!!!

そして反対側にもポートが増えた。
使う場所によって(自室でも)充電用ケーブルを挿したい場所が違うので助かるー!

なお、片側に接続を集中させると深刻なパフォーマンス低下が発生するというクソデカ欠陥があるので、4ポート全部を使おうとかは特に思うことがないです。
こういう「嘘でしょ?」という不具合が一部の話題レベルで済まされるのもMac界隈ならではか。

動画を見る時はじめて感じたTouchBarのありがたみ。

メモリとSSDが倍(16GB/512GB)になったりと他にも違いはあるんですが、
操作感に関してはほぼ一緒。本体を換えてもまあまあ同じように使えるという安心感はいいよね。
今度こそ(Appleシリコンがどんな塩梅かがわからんので)数年使い倒す所存です。

…ついうっかりBig Surにアップデートしてしまったので、
今後うんざり案件に直面したらまた日記にしたためます。

買い物:20/11/09 – セルスターのレーダー探知機を買った話

セルスター レーザー式オービス対応レーダー探知機 AR-2

今年のはじめに買い換えたレーダー探知機。

普通のレー探+レーザー受信用のユニット。パッケージに隙間がほとんど無い。

次に買うならレーザーにも対応したやつを!…と思って出がかりのところで買った感じなんですけど、レーザー受信に関する考え方がメーカーごとにかなり違うらしく、セルスターは結構取りこぼしが出てしまう(ユピテルとかはめちゃめちゃ受信しまくるけどコーラの自販機にも反応するとか当時見たな)とのこと。その辺は「過去に設置されたことがある場所」の地点データでカバーしてるという話なのでまあええか、OBDIIアダプター流用できるしと思って特に悩まなかったんですが、今年の新モデルをベースに検討しようって方は各社の特徴を確認してから判断することをオススメしていきたい。(AR-2は結局2020~21年も現役っぽいですね)

移動式オービスも結構あちこちで使われ始めたようなので、「あ、ここで取り締まるってことは安全に特に気を付けないといけないんだな」という意識のもとで安全運転をしましょうね。
漫然と運転している時、何かしらアナウンスがあると良い感じに意識がリセットされるので、スピード/取締と戦うマンでなくても結構有用だと思います。

お金に糸目はつけない、何か「載せる意味のある」レー探が欲しいという方は、
レーザー探知機がセットになった霧島レイを買ってレイたんを愛でるべき。

ちなみに、レーザー探知ユニットはケーブルがなかなかに太くて長いため取り回しが厄介。

スマホ経由で取り込んだ待受画面。
ネタ系かなと思う方も多いと思うんですが、内蔵/DL含めて情報量が一番多く、
特に走行距離が常に見えてるのが最高。ずっとこれを使ってます。

日記:20/10/25

WordPressが新しくなるたびに使い勝手が「思ってたんと違う!」となり、
表示周りの不具合含めて直したいけど余裕が無いという状態が随分長く続いておりましたが、
仕事の内容がちょっと変わったことで学びの機会を得たから取り急ぎ弄った。
エディタの方を先祖返りさせたから、これでちょっとペースを上げていけるといいですな。

買い物:20/08/22

Qiワイヤレス充電器 アップルウォッチ充電器 CHOETECH


自室の環境もそこそこ整い始めたので、一役買ってる物品を紹介していきたい。
これはここ最近の買い物だとかなり気に入ったやつ。

・Apple Watchの付属充電ケーブル不要な充電スタンドがあって、
・iPhoneが一緒に充電できて、
・なおかつ値段がお手頃なやつ。5~6000円ぐらいがいい
…というニーズをきちんと満たしてくれたのがこちら。

Apple Watchを充電する台の部分(マグネット付き)は寝かせたままでも可。
付属の充電ケーブルはケーブルのクセも相まって、よく裏返りやがって毎度イライラしていたので、この「充電しようと思った時に丸いところの表裏をいちいち確認しなくていい」ことがQOLの高まりを実感できまくると思う。マジでストレスから解放された。1日1回充電しないといけないものだけになおさらです。
外観もシンプルでいい。

これに限らず、「まあ中国やろなあ」というメーカーの製品はAmazonで頻繁にクーポンを発行しているので(購入時にもこれを書いてる時にも1000円引になってた)、もし見に行って値段が安くなってなかったらしばらく様子を見るが吉。
一般に知られるメーカー製品だと10000円前後~それ以上はしてしまうから、値引き前でもわりとお得感ありますけど、これが5000円台だと「あっ 買います」ってなる。なった。

「こういう類のでなんかいいものあります?」の「なんかいいもの」です。
おすすめ。

日記:20/07/05

最近自宅で過ごす時間がめっきり無くなってるけど、身辺整理はまあまあのペースで継続しているところ。
断捨離を基本としつつ、今まで使っていたものをより小さく、より良いものにしたりと地味な変更を続けた結果、引っ越してきた時より物が少なくなってるかも。今後はそれなりのリフォームも控えているので完成形ってのはまだまだ先の話になりますけど、ちょっとずつでもスッキリしていくのはなかなかいいもんですな。

新型コロナウイルスで世界中がえらいことになっているこのご時世。
多くの人が等しく自粛を強いられている今だからこそ「実際に捗っている」という状態になっていますが、身辺整理自体は、ここ3年ぐらいでずっと考え続けていたことでもあったんですよ。

要は、「この先自分に何かが起こってしまった時、足の踏み場も怪しいレベルのオタク部屋を整理させるのが忍びない」ということ。今やっていることをただの断捨離や整理整頓ではなく「身辺整理」と言っているのは、この行為自体が終活のひとつであると、少なからぬ割合で考えているからです。

去年は自分の体型をスッキリさせたから(幸いリバウンドもしてない)、
今年は自分の生活空間をスッキリさせたい。じゃあ来年は、そのまた次の年は…と色々考えつつ、これからもそれなりに過ごしていくぞ。

…あ、それから、借りてるサーバーで諸々更新する必要があるっぽいので、なんかしくじったらしばらく見られなくなるかも。

日記:20/05/14

ちょっとしたテストをさせていただきますぞ。

大洗

テストその2。スマホだと色々融通がきかないかな。

テストその3。
トロとパズルで長期間放置してカムバックボーナス対象になるとトロがこんな風になるんですけど、めちゃめちゃ泣かれるから放置後の再開にすげえ躊躇するのが逆効果な気がしないでもない。

スマホでPC環境と同じように投稿できるかと色々試してみたものの、
特に画像周りがどうにもならない(クリック/タップで大きい画像にならない・Exif情報が消えない等々)ので断念。やっぱりPCで黙々と作業します。

そして黙々と投票するンゴ。