旅:12/10/09-第2回 湯涌ぼんぼり祭り


121008_01a

2度目を迎えたぼんぼり日記。
今年はさっくり報告程度です。全体的な進行やらは昨年の日記を見てね!

■10/6 昼 金沢

121008_02

「今年もぼんぼり祭りに行くぞー!」という意思表示こそしてはいたものの、
朝から晩まで現地でぼんぼるというモチベーションまで持ち合わせていなかった
まあ美味いメシ食って気楽に祭りを眺めながらゆっくり温泉に入れりゃいいかぐらいの感覚で
まずは金沢駅近辺を散策しようという話に。

121008_03

駅に訪れた流れできっぷ査収。
13時ちょっと前で883。やっぱ電車より車で来る(金沢大学に駐める)人の方が多いんだろか。

121008_04

昼飯はまつや 桂店でとり野菜みそ鍋をたらふく食った。
シンプルかつヘルシー、おまけに美味くて何より安いのが素敵。

121008_05

駅ビル(金沢フォーラス)にて。
タワレコと(劇場版まどっち上映中の)イオンシネマだけはそれっぽかったです。

■10/6 午後 湯涌温泉

121008_06

おやつ時に宿へ。
館内施設のページ見たらしっかり聖地って書いてあったw)

121008_07121008_07a121008_07b

明るいうちにと玉泉湖へ。

121008_01121008_08

今回は祭り当日が宿泊日だった事もあって、
晩飯食ったり温泉でゆったりしている間にも各種イベントが進行する(※)というジレンマから、
「じゃあメシと風呂を優先しよう!」と判断。あまりタイトな計画を立てていませんでした。

※「個人協賛ぼんぼりを注文しないと神迎の儀とお焚き上げの儀の両方には参加できない
 という制限もあって、フルに堪能しようとする場合は結構綿密なプランニングが必要でした。
 来年ガチでぼんぼりつつ宿にも泊まりたいという方は、この辺留意されたし。

121008_09

お部屋から。
個人協賛ぼんぼりのおかげで去年よりも賑やかな感じね。

121008_10

そうこうしてる間に日も暮れてきたので、一度広場の様子を確認した後、

121008_11

宿に戻って!(鮎の串焼き)

121008_12

メシを!(天然アワビ)

121008_13

存分に!(能登牛)

121008_14

いただく!(地魚のお造り)

うまい!全部うまいぞ!うま………そんなに食べられない………

■10/6 夜 ぼんぼり祭り

121008_15

腹いっぱいになるまで晩飯を堪能した後、ちょうど神迎の儀がスタートしたので外へ。
家からデジ一持ってきたにも関わらず、
この時点での手持ちがiPhone5だけだったって辺りで色々お察し頂ければと思います。
きっとこれから72枚ぐらい画像が増えるであろうあゆ㌧に期待をかけていきたい。

121008_16

色々あって宿の敷地に戻る。
前回は真っ正面からの参加だったけど、式次第の全体を俯瞰できるこの場所も最高だな。
金沢市長の圧倒的なカリスマ性(こーんばーんわー!フゥーーー)も背後からしっかり堪能。

で、

121008_17

改めて下に移動してからお焚き上げの儀(の中継)を確認。

ある程度時間が経った後、一般参加者も玉泉湖に行けるという話だったので黙々と移動。
燃え尽きるまでにちょっと見られればい

121008_19

はげしい!!

121008_18

お焚き上げの儀が終了してまったりムードかと思いきや、
次から次へと投入される燃料のぞみ札のおかげで炎の勢いが全く衰えないというね。
時の経つのも忘れて見入ってしまった。

121008_20121008_23121008_21121008_22

お祭り後の温泉街をひと巡り。

なんか2回目にして参加する側も迎える側もすっかり慣れている感じで、
未知のイベントに対する気合いで誰もが過剰にぼんぼっていた昨年と比べると、
物販から連なるライブやトークショーがメインのお客さん、お祭りの空気を楽しみたいお客さん、
そして祭りの主体たる地元湯涌の方々の動きがある程度切り分けられていたからか、
何が何だかわからない状態からの混乱はほとんど無いまま終わった印象があります。

結構ゆったり過ごせた分、去年より来客も少なかったのかな?と思っていたのに、
蓋を開けてみたら去年より2000人も多かったって話にはホントにびっくりした。
(劇場版が来年3月に公開されるという事で)まだ作品世界は終わってないとはいえ、
「アニメ効果で大盛況」という言葉が通用するのは
TV放送の最終回と開催時期がほぼ重なった第1回だけなのでは?と考えていたので、
放送終了から1年経った今でもなお、これだけの人が集まったというのは凄く嬉しい事よね。
これからもぼんぼれるといいすな。皆様お疲れ様でした。

■10/7

121008_24121008_25121008_26

一夜明けたら大概片付いてた!

チェックアウトして宿を出る際、ご主人から
「来年もやるみたいなんで、また来てくださいね」
と言われたので、とりあえず来年もぼんぼれるんじゃないだろうか。

アニメ放映期間だった第1回、劇場版公開前の第2回と来て、
第3回となる来年のお祭りに絡んで何か新しい発表があるのか、
それとも新発表というブーストが無い事で「花咲くいろは」からある程度切り離され、
地域行事としての「湯涌ぼんぼり祭り」が存在感を誇示するきっかけになるのか。
そもそもやるの?って点も含め、色々興味は尽きませんね!とりあえず楽しみにしとこう!
そして来年は晩飯にノドグロを食うのだ!