雑記-08/08/08


自分で日付を打ち込んでみて「あ、ゾロ目だ」と気付くのもちょっといかんなと思った。

イーディ様が音速ボディをかましながらヴァルキュリアのDLCを丁寧に解説する特設ページ
本日リリースのイーディ分隊大作戦含めたダウンロードコンテンツの利用法解説。

あろうことか、PSNへのサインアップ方法から解説してくれる超親切ぶりです。
このコンテンツごと入口から分かりづらいPS.comに移設するべきじゃないのか。
アバターもトロだし。

ゲーム用の追加アイテムか……
「ゴールデンアックス」とか「ザ・スーパー忍」……
「レンタヒーロー」なんかはあるかな……?

ホーマーは黙ってWiiを買うといいよ。スーパー忍はIIしかないけど。

週間ソフト&ハードセルスルーランキング(2008年7月28日~8月3日)
なんだかんだで国内じゃ良いと思える数字を出したキャリバー4さすが。
来週はどれだけテイルズと360が伸ばしてくるかで各所の騒ぎの大きさが変わるな。

SCE Asiaプレジデント安田哲彦氏インタビュー

ただしPS3に関しては所得の問題ということが一部にあって、サンキュッパ(39,800円)というのが1つのプライスポイントだと考えているのですが、それにした途端に売れてはきているのだけど、あまり潤沢に出しすぎるとまだまだ利益があがる商品ではないので、大事に売っているというのが現状です。たくさん出して他の地域にいくと、他の地域ではそれを売ればいいのだけど、我々だけ赤字になってしまうということになってしまいます。

SCEJ(平井社長)もA(トレットン)も口に出しはしませんが、
結局はこの「まだ赤字なんでぶっちゃけ売りたくない」ってのは
世界的に抱えている問題なんだろうな。

にしても、インタビューを読み進めれば進めるほどに
「なんでこの人は日本で仕事をしてくれてないんだ」という思いが切々と。

PS3の本体を見せてどうのこうのといったってつまらないじゃない。お客さんが何を見て寄ってきてくれるのかなと思えば、コンテンツを見て頂いてその結果ハードを買わないと遊べないなという風になってくれるのが一番自然なのですよ。今はそういう風に徐々に戻ってきていると思います。やはりハードが前に出てしまうと宣伝もしにくいし、あんな機械を出してきたってさ、出している方は自分の商品だからうっとりしてああ綺麗だとか言ってるけど、お客さんはつまんない。やはりコンテンツがないとダメだよね。

ま、どこの会社にも色んな考え方を持つ人はいます。
現状Life~とかhomeといったノンゲームコンテンツをぶち上げる事が主流になっていますが、
一方でゲームソフトでユーザーを満足させようと考える人も確実にいるという事です。
そして、今一番PS3陣営に足りないのは、まさに安田氏側の思想じゃないでしょか。

俺個人はノンゲームコンテンツを思う存分堪能させてもらっていますし、
PS3の持つ機能と可能性を多方面から追求していく姿勢も応援していくつもりですけど、
PS3が「PLAYSTATIONとして」どう歩んでいくべきかという根っこの部分は
もう少したくさんの人に納得してもらえるような体制にしていった方が良いと思うぞ。
少なくとも日本でノンゲーム言っても「げ、ゲームなんて無くてもいいんだもんねー!」と
悔し紛れの負け惜しみ言ってるようにしか受け止められてないんだしね。

ステレオの復活、HDオーディオの充実
最初から最後まで読むと、「ステレオとマルチchどっちにも金をかけるべし」という
麻倉先生の鬼っぷりが存分に体感頂けます。
まあ、シニア世代ならいっぺんに刷新ってのも出来ようかとは思うんですが、
「よーしこのステレオ環境をそのまま5.1chにするぞー!」とはなかなかいかんのよね。

アンドレア・ピニンファリーナ、交通事故で死亡
大ショック。
ご冥福をお祈り致します。

Japan’s Wayward Son
飯野社長の超ロングインタビュー。
「なんで今?」という思いと、「なんつータイミングだ」という衝撃が同時に。
後者の方に関しては来週末辺りにでも。