お買い物-07/07/29


メルブラ+リトルバスターズ

070729_01

今回Amazonは発売日に到着するように発送してくれたものの自宅に誰もおらず、
昨日は今週の疲れを何とかしてくれとばかりに何もせずゴロゴロ、
やっとさっき開封→インスコ(声無し)→これからおでかけという
やる気の無い生活を過ごしており大変申し訳ない限り。ホントすいません。
始めたら止まらないのが分かりきっている分、一歩踏み出すのに臆病にもなりますわい。

俺が今までKeyに求めてきた素敵エピソードの方向性は
CLANNADで出し尽くされた感もあったりするんですけど、
これからしばらくはネタバレ自粛モードに移行(web巡回しません)しつつ
サクサク進めて行く事とします。

メルブラはストレス解消にちょっとやるっていうプレースタイルなのでこれはこれで。
バーチャスティックHGでも問題なくプレー可能という事なので皆様ぜひ。

でじぱら(2)+かみさまのいうとおり!(4)

070729_02

会社最寄りの本屋で売り切れちゃってて途方に暮れたでじぱらも何とか査収。

帯の裏でAirのBD-BOXをベタ褒めしてて「すわ表紙ベースでやりたい放題なのか!」と
かなり驚き喜んだんですけど、本編画像の使用で協力してもらってたんすね。納得。
ブルーレイ版はDVDと比べてどこが有利なのかという部分が実物込みで検証されてて
説得力という点でも大きい変化がありますし、何より価値が増していると思います。
…つかまだアマゾンに在庫あるんすねBD-BOX(‘A`)どうか保護してやってください。

当時の雰囲気と認識の今とのギャップを楽しめるのはもちろん、
本のあちこちから「AVライフを楽しもう!」というメッセージが溢れていて
読み応えと読後の満足感が半端じゃない作品だと思います。
AV嗜好とオタ嗜好が絡み合った生活を送る俺みたいな人間は必携ですが、
ちょっとした入門書としての用途でも存分に活用できますので是非。

余談ではありますが、
作中に出てくる「ココロ図書館サントラは書いてないけどHDCDでした」って話。
今月の電撃大王でもHDCDの話が出てましたね。

どうせプレーヤー無いからなーと当時思いっきりスルーしてましたが、
ふと調べてみたら俺も持ってましたよ対応プレーヤー。

070729_03

パソコンが対応してました。

正確には「24ビット出力に対応したサウンドデバイス+メディアプレーヤー9以降」
が対応の条件になります。
この「書いてないけどHDCD」はごく少数ながら存在するようなので、
手持ちのCDがHDCDなのか、PCがHDCD対応なのかを確認するためには
とりあえずCDを入れてWMPを起動→CDを再生→一時停止してまた再生(ココ重要)して
上の画像の左側にあるロゴが表示されればおめでとうございますという事で。
サウンドデバイスに困ったらSE-200PCIを差して鳴らせばとりあえず大丈夫です。

ココロ図書館の場合、
PC再生なのに妙に音に厚みが出てビックリしました。
XBOX360は16ビットまでの出力しか持っていないので非対応、
最近のプレーヤーも非対応のものばっかりなので、
これからの人は無理せずパソコンにCD革命とかでイメージを吸い出してから
HDD経由で再生させるのが音質的には一番良いかもね。
今更な流れで申し訳ないのですが、持ってるけど試してないという方はこの機会に是非。

□そしてかみさまのいうとおり。
徹頭徹尾くだらないネタ満載(ごめんなさい)なのはいつも通りなんですけど、
人間関係を丁寧に描いているので1巻につき1~2回はホロリときます。
このギャップとほのぼのした空気が個人的にツボなのです。

この作品も時間がキチンと流れているだけに、
いつかは卒業という形で終焉を迎えるんだと思います。
これからも末永く追いかけて行こうかなと。頑張って下さい。