雑記:09/08/21


ちょっと長くなりすぎたため、書き始めの段階とは記事の順番を変えてます。

GAMESマーヤがピュア色に! ホストガールも登場した『ドリクラ』体験会!!
まず店の前に立ちふさがる痛MPVと痛ハイエースにのけぞり、店のドアを開けた途端に
「あらーにっちさんいらっしゃーい!一名様ごあんなーい!」と浴衣姿の店長さん登場。
奥からホストガールの皆様が「いらっしゃいませー」とやって来て、
あれよあれよという間に奥のピュアな体験会会場に連れて行かれ、
手渡されたコップにピュアな飲み物をつがれたりピュアなおつまみをふるまわれながら、
なんだかピュア凄いピュア熱気にピュア包まれたピュア会場を呆然と眺めた後、
フラフラと馴染みのカウンターに向かった俺は、ピュアじゃない薄PS3(AA)を予約。
逃げるように店を後にするのでした。

マーヤのイベントには湯川専務襲来の頃からそこそこの頻度で参加していますが、
少なくとも俺が見た中ではケタ違いにカオスピュアな空間であった。
週末の秋葉はどんな事になりますやら。

いよいよ最終日 ヾ(>▽<)oきゃはははっ!
大丈夫か? true tears ヽ(*’0’*)ツ ワァオォ!!
あなたの力でBD化プロジェクト|投票ページ
本日23時59分にて投票締め切り。
熱意を文字に込めていたら、うっかり日付が変わってた!みたいな事の無いようご注意あれ。

より小さくより低価格になった新PS3の技術
隔世の感メモ。
新型が「すげえ静か」だという話も海外であったようですが、
この快適な本体でSACD聴ければ最高だったんでしょうなー。
各種部材が変わっているから、音質面でも結構変化が出ちゃいそうですけど。

新PS3は、TrueHD/DTS-HD MAのビットストリーム出力対応
新PS3はHDオーディオビットストリーム出力対応 - システムソフト3.00でDTCP-IP対応も
改めて。
ビットストリーム出力対応は新型だけの要素となりますが、
以下はファームウエアの更新で対応するため、これまでのPS3全てに等しく適用されます。

新モデルに採用され、9月1日には従来モデル向けにも配信されるシステムソフトウェア バージョン3.00において、DTCP-IP機能もサポート。DLNAサーバー機能を備えたBlu-rayレコーダ内などに保存された地上デジタル放送の番組など、著作権保護されたコンテンツをPS3でネットワーク経由で再生できるようになる。同機能は新モデルだけでなく、従来のPS3でも利用できる。

ファームウェア3.00でそのほかに、[サウンド設定]内に[音声同時出力]を追加。HDMI出力、光デジタル出力、AVマルチ出力端子に音声を同時出力できるようになった。

[ビデオ設定]に[HDD音声言語]と[HDD字幕言語]を追加。PlayStation Storeから配信されたコンテンツなど、HDDに保存した映像の言語/音声設定ができるようになった。

…ここ最近はこの言葉ともすっかりご無沙汰となり、
担当者がもういないだのなんだのという話が出て以降は期待もしていなかったのですが、
これは久しぶりの、それもとてつもなく偉大な神アップデートが来たと言わざるを得ない。
DTCP-IPは積年の夢だっただけに、驚きと喜びがただごとではありません。

これで(DLNAサーバー機能に対応している)BD/DVDレコーダーに保存した、
コピーワンスなりダビング10なりのテレビ番組を、
ネットワーク経由でPS3から見る事ができるようになります(※)。
別にヤザワのレコーダーに限らず、DLNAサーバー機能があればDIGAでもVARDIAでも可。
もう白いのや黒いのやPTなんちゃらを使わなくても平気です!凄い時代になってしまった!

※対応する録画モードで保存してあるデータのみが可能です。
また、DLNA機能は結構相性問題が絡んでくるそうなので、その辺ご留意のほど。

個人的な例で言うと、REGZA(42Z3500)に当該機能があるみたいなので、
ちとこの辺をじっくり確認してみたいところです。大正野球娘の消化も兼ねてな!

Blu-rayレコーダ/AVC記録対応DVDレコーダ新製品一覧
備考欄に「DLNAサーバー機能」と書いてあるレコーダーならバッチリ。
ここに載ってないモデルに関しては、製品サイトで対応可否をご確認下さい。

ソニー:PS3にPS2互換は復活しません。将来も。
3.00が神アップデートなら、こっちは神がっかり発表。
もしこのままでPS3の天寿を全うさせるつもりなら、
日本のPS2本体も北米基準の価格(9800円くらい)にしてくれたって良いよな。

PS1ソフトはPSPでも問題無くエミュレートできますけど2の方はそうもいかないので、
PSNにアーカイブとして登場させると色々ややこしくなってしまうんだろうなーとか、
結局の所、もともとチップが無いと対応出来ない物で、
今更新型に付けるとフォローが死ぬ程めんどくさいんだろうなーとか思う事はあるのですが、
自ら「美学」だと豪語してきた過去ハードの互換を切り、
「PS2互換まだー?」という外からの声に対してこうもそっけなく対応されてしまうと、
例えPS2互換の存在が「無ければダメ」から「無いよりマシ」程度になっているとしても、
やっぱりこう、釈然としない物は残ります。

まーでも、これで未練が断ち切られた、という見方も出来ますので、
今後PS3の購入を検討される際は、「PS2は別売である」という認識を持つのが良いかも。
俺は…PS3の次があるなら、その時に改めて「PS2ソフトはできるのー?」と言う事にします。

□昨日色々あって新型を勢いで予約してしまったため、
結局発売日に新型を購入する事と相成りましたが、
これらハードとソフトの刷新が織りなす超絶アップデートの数々を目の当たりにした事で、
何というか「もう初期型にこだわらなくても良いかな」というある種の踏ん切りが付きそう。
個人的には、「SACD」と「PS2互換」という2つの機能が無くなってしまうデメリットより、
ビットストリーム対応+静音化(熱くならなさそう)ってメリットの方が大きいのです。
購入した後に動作音の静粛性を確認して、それで満足行く結果が得られた時は、
専用のSACD/CDプレーヤーとPS2を買う覚悟をしてしまおうかとも思った。

…あと2週間もすれば、良くも悪くも凄い長文書いてるんだろうなー。
今この時点ですら相当酷いですもんね。