買い物-08/05/21


「戦場のヴァルキュリア」サントラ+「ARIA The ORIGINATION」Drama CD III

080521_01

□「これは曲だけ流用してトレジャーがシューティング作っても存分にいけるのでは?」
というぐらい、勇壮極まる名曲揃いなヴァルキュリアのサントラ。
中でも生オーケストラで奏でられるメインテーマは、
これだけでCD1枚分の感動と満足感が得られる至高の逸品です。

メインが良い分他の曲もきっちり締まっていて、
こういうサントラにありがちな「そこそこ楽曲群」もほとんど無し。
2枚組にぎっちり詰まった54曲、
どれを聴いても「こりゃ良いわ」という感想が湧き出るのは非常に貴重な物です。

惜しむらくは、オーケストラ楽曲の数がそこそこな所でしょうか。
せめて「勇戦」他の戦闘曲は生音を堪能したかったかな、というのが正直な気持ち。
いっそ全部打ち込みならこういう感想も出ないであろう贅沢な悩みではあるんですけど、
やっぱり並べて聴いてしまうと差が大きいのが泣き所とも言えます。
それもこれもメインテーマが素晴らしすぎるからだが!

ゲームをやってる人はもちろん、持ってない人もプレーのきっかけとして是非。
崎元楽曲スキーは迷う事無く買ってるでしょうから敢えて語りません!

…それにしても、セガガガといいヴァルキュリアといい、
「他の仕事と平行してゲリラ的に進めていた企画が日の目を見る」という歴史が
あけっぴろげに語られるセガってやっぱすげえな。その変わって無さにちょっと安心。
その辺が詳細に語られているブックレット部分も必見です。

□で、ARIAのドラマCD。
秒速5センチメートルで打ちのめされた俺の心に再度大きな傷を付けるお話もありましたが、
何はともあれ今回が最後のドラマCDという事になりました。

個人的にはアイのウンディーネ修行をドラマ化してくれると嬉しかったかな。
いつか再開できる日を楽しみにしております。まずはDVDからですかね。

CLANNAD 6 (初回限定版)(→通常版

080521_02

第一期最大のドラマが待ち受けていた、渚無双こと18話までを収録。
ヒロインごとのエンディングが用意されているこのタイプのゲームにおいて、
「メインヒロイン以外をどうやってフェードアウトさせるか」は
結構大きな課題になっているかと思うのですが、
それに対する京アニの答えが「衆人環視の中、まとめてフラグを叩き折る」という
すこぶる男らしい物であった事には放送当時たいそう驚かされたものです。
オリジナルのストーリーとしては屈指の名エピソードなので、
巻が進むごとに購買意欲がしぼんでいた方はてこ入れついでに是非とも。

080521_03

初回限定版の特典その1、春原のボイスキーホルダー。
押すと「ヒィィィィ!」と叫びます。

□特典その2はスタッフインタビューの冊子。
今回一番の収穫というか嬉しかったのがここで、

080521_04

1期全23話を「イントロ」と言い切った!
まだDVDも全部出ていないのにこの力強い発言に俺の脳内は喜びに満ちあふれています!

アフターストーリーに対する比重の高さをここまで明示してくれると、
秋からの放送が楽しみで仕方なくなります。ここからは実質一本道ですしね。
補給用の水分とスポーツタオルを手にじっくりと堪能させて頂きたい!

あと今のうちにちゃんと終わらせといてね!←私信