雑記-07/09/20


ツンデレワンセグテレビにデレデレしてみる

AV Watchのアニメ系記事担当、アニメオタク歴15年以上、アフレコ取材で釘宮さんにも何度も会っている身としては「釘宮予想」を撤回する気はない。

さっそく「ツンデレ」なってくれとボタンを押しまくること数十分。一向に声が変化する兆しがない。そこから1時間以上頑張ってみたが変化は見られなかった。
数時間ごとにチェックしていたところ、6時間ほど過ぎた所で反応が変わった。

例えばボリュームを小さくしておいて、画面だけを表示してニュースを見ている際、気になる映像が出てきて、慌ててボリュームアップボタンを連打すると「ボリューム変える気ぃ?、うるさいわねぇ、うるさいわねぇ、うるさいわねぇ」と、連打分のボイスが流れたあとで、はじめてテレビの音声が出力。当然ニュースは終わっていた。
思わず「うるさいのはお前だ」とツンツンしたくなるが、

いつも紳士なAVWatchがどうにかなってしまいました!
SEGNITY恐るべし。

にしても、くぎゅボイス堪能中はテレビ音声がカットされるのは男らしすぎます。
なんだそのメガドライブ。 

「Project GT5 始動。」
というわけで公式に延期+プロローグの体験版リリースの発表。
延期は率直に言って残念。

ですが、

配信開始当初の本体験版では、覆面を施されたGT-Rがプレイ可能となっておりますが、10月24日の東京モーターショー会場での日産自動車株式会社の発表を受け、世界中のクルマファンをはじめ国内外メディアも注目する新型GT-Rの姿が明らかになります。さらに、新型GT-R以外にも当日の自動車メーカー各社の発表を受けて新車が本体験版に登場すると共にプレイ可能となります。

この吉報に思わず絶叫。
GT-Rだけでも嬉しいのに各メーカーからの新車も追加収録とは。正直予想以上でした。
というか無料体験版にここまでしちゃって本当に良いんでしょうか。
鈴鹿フルコースってこれだけで十分とかになりそうでおっかないです。
いや製品版買いますが。

これら全ての要素がパッケージングされた上で発売される事を考えると、
BD版4980円って価格が夢のようなバーゲンプライスに思えてくるから不思議。
(ダウンロード版は店頭販売時の割引+ポイント還元を考えるとちょっとなー)

この喜びとテンションの高さを文字にするのは難しいのですが、
とにかく本当にありがとう!残りの期間、開発頑張って下さい。

覆面版の実写画像はこんなです。

これで先日お目見えしたインプレッサWRCコンセプトも入ったらどうしよう。
1年は遊び続けられそうです。