お買い物-07/03/22

ファミソン8BIT+30minutes night flight

 
考え無しに石丸寄ったらたまたま新譜の発売日だったってのが最近多いな…
30minutes night flightは衝動買いみたいな感じなんですけど相変わらず音質良いすね。

で、ファミソン8BIT。
公式サイトの試聴ではちょっと微妙かなと思っていた歌声と音楽のバランスですが、
通して聴いてみるとあんまり違和感が無いような感じがするのが不思議。
ファミソンと言っておきながらゲームボーイの音も聞こえるのはご愛敬なのか!

個人的に一番不安だったホエホエむすめに関しては、
上手い事まとめてる感じはするんですけど間奏が全然ほのぼのしてないよ!
元ゲームではラストのダメ押しって感じに盛り上がってた所なのに焦燥感を煽ってどうする。

…という部分の比較ができるホエホエむすめの原曲収録があんまりにも偉大すぎるので、
俺は買って良かったと思いますし結構オススメしやすい作品だと思った。

□今回の8BITと先日のミーナはどちらもchiptuneという括りに属すると思うのですが、
両者の向いてる方向が思いっきり別なんだよなーというのが正直なところ。
ミーナのCDに入ってる2曲の方がchiptuneに対する真摯な取り組みが
しっかりと形になっていると言いますか、
どうも8BITの方はあからさまなイロモノ企画の一つとして感じられてしまうのですな。

もちろんどっちが良くてどっちが間違いって事は無いですし、
それを言ったらミーナのCDはあれだけchiptuneとしての展開を持ち上げながら
実際の収録順が露骨にドラマのオマケ扱いって所が凄くいやらしいと思うだけに
一概に結論を下しがたい所ではあるのですが…

8BITに関しては、ちょっとこの先大丈夫なのか不安。
これが売れれば別のアニソンをカバーするという方向は分かるんですけど、
なーんかモヤモヤすんのよね。俺が捻くれてるだけなんだと思うんだけども。

□で、そういうモヤモヤを2分でかっ飛ばしてくれたのは、
Virt氏のFX3なのでした。(→VorCさんより)
いやーかっちょえええええなこれ!
確かに生粋と言えるレベルのコナミ音色でございました。大満足。

ファミコンリアルタイム世代で、かつ所有コナミソフトが全体の1割を超えていた人や、
クライシスフォースやF1センセーション辺りの音楽が好きな人(俺だが)は
震えが来る程の満足感に浸れますので是非。
「これだよ!これなんだよ!」と叫べること請け合いです。

せつねー

リッジ7のサントラは大々的に…
リッジレーサーズのサントラも再販という流れの中で忙殺される6の存在(‘A`)

□と言う流れの中で、いつものようにまいにちいっしょを消化。

 
すっかり染まったトロを見ながらほくそ笑んでいたわけですが、
この回の最後でリッジ7用の追加楽曲リリースが開始された事を知り
速攻で全曲パックをダウンロード。

いやーこの日を夢見ながらリッジ7を積んでいた甲斐があったというもので、
6の曲で走る6のステージは、高い難易度と併せてそれは燃える燃える。

今となってはゲーマー間の360浸透率も以前より上がっているので
ワゴンで大活躍のリッジ6をついでに手に取られている方もいるかと存じますが、
「レースゲームを楽しんでいる」プレーヤーの感性を否応なしに刺激しまくる
6の楽曲は絶対に後世に伝え残すべき。

ダウンロード数如何によってはサントラへの道も真っ暗ではないと思いますので、
PS3と一緒にリッジ7を買った人も是非2500円払って全曲パックを落として下さい!
Airport LapはFloodlightの方が気持ち良いですし、
Crossbay TunnelはI Want Youじゃないと盛り上がらないのです。

…Galactic Lifeが無いのは次に期待すればええんじゃろかね?
ともかくも、こういう追加コンテンツでまた盛り上がってくれると良いすね。

□以下、リッジ6コースの曲対応表。結構忘れるんすよ…

・Lakeshore Drive        – Ultra Cluise
・Rave City Riverfront  – Highway Fusion
・Southbay Docks        – Road Mauler
・Island Circle              – Asid Eutron #001
・Surfside Resort          – Sueno Del Mar(今回の追加曲には存在せず)
・Highland Cliffs           – Valley of the Mind
・Harborline 765          – Explorers
・Aviator Loop             – Photon Field
・Seacrest District       – Drift Psychosis
・Laketop Parkway      – Radiance
・Midtown Parkway     – Trail of Light
・Airport Lap                – Floodlight
・Sunset Heights          – Nitro Mantra
・Crossbay Tunnel        – I Want You
・Downtown Rave City – Galactic Life(今回の追加曲には存在せず)

逆走コースも曲は一緒。
後でこの部分だけ別エントリにしよう。

雑記-07/03/16

京アニ版CLANNAD
公式サイトできとるー!

確かに楽しみではありますが、
80時間かけて、何度も何度も号泣しながらコンプリートした身としては、
アニメ版がどれだけ原作の感動を追体験させてくれるのか、
…そしてそれがもし十分とは言えないレベルだった時、
「アニメ見たしCLANNADはもう十分」と言われる事に俺の心が耐えられるのかと
現状心配材料の方が大きいのが何ともかんとも。
本当に最後までやったかやらないかで評価の激変する話だったからなー。

アフターストーリーだけで2クールやるとかいう話になったらそれはそれで。
このタイミングだとTBSアニメフェスタで何かしら分かるでしょうからすげえ楽しみです。

世界樹サントラが21日に
センコロRev.Xサントラが22日に発売。
どっちも非常に楽しみなのですが世界樹まだ封を開けてません(‘A`)すんません。

アイマスも未開封なんですけど、なんかこのままやらない気もしてきたな…

■ちょっとしたお買い物をしてきました。
結果としてこのサイトの存在意義そのものを大きく左右する物になりましたが、
まあとりあえず到着は4月過ぎになりそうなので詳細はその頃に。

お買い物-07/03/13

モンスターワールドコンプリートコレクション+サントラ
 
サントラの方はアーシャたんがまるで別物ですよ!
そしてここにも並木学氏が参加しておるのですがホントに色々やってるんすね…

モンスターワールド一連のシリーズでピンと来なくても、
高橋名人の冒険島だのビックリマンワールドと聞くと「あー」となる、
そんな「偉大なる礎」達がぎっちり詰まっております。
各タイトルの全機種版が余さず収録されているばかりか、
モンスターワールドIIのFM音源版を実に18年越しに実現させるなど
コンプリートの名に違わぬ豪華な内容にはただただ感動するばかり。

収録作品がどれもこれも面白い上に全く色褪せてないから
ぶっちゃけ作品単位で切り出してDS辺りで出しても誰も怒らないと思いますが、
それを全部まとめて突っ込んで2500円で売るってのが凄いと言いますか、
取説にぎっちり詰め込まれたコラムだイラストだを考えると
そろそろ「お買い得」という言葉を大きく逸脱してやいませんかとも思えてくる!
これはもっと広く支持されなければいかん!

とは思うんですけど、セガダイレクトは一旦売り切れると再入荷が遅いし、
アマゾンでも即日発送ってわけじゃないのよね…
これから買おうって人は、ネットで注文だけしといて近所を探すとかで良いかもしれません。

月面兎兵器ミーナ キャラクターコレクション 1
実は原典に対する造詣はほとんど無かったんですが、
キャラクターソングがガリガリのchiptuneだっつのと
それに関連してchiptuneの解説ページが用意されてる事にいたく感動したため大購入。
値段見ないで買っちゃいましたがいい値段しますねこれ。

サイトーン氏の曲調にどう歌を合わせるのか楽しみだったんすけど、
歌声いじりまくりっすな(´ω`)しっくり。

キャラクターCDは合わせて3枚リリースという事ですが、
この先のメンツも大変な事になっているので(参照→谷蟇さん)期待しながら待とう。

(実際はあんまりかぶんないと思うけど)ファミソン8bitとか楽しみにしてる人も是非。

今月のきらら

影ムチャ姫終了。
もんのすげえ駆け足な大団円でしたがとにかくお疲れ様でした!

しっかし、ちるみさんがきららから出て行った事も含め、
どうにも落ち着かないラインアップになってきてるような気もする。
これが俗に言う「若返り」って事なんだろうか。んー。

棺担ぎのクロは前の話をすっかり忘れてしまっているので、
単行本が出たらじっくり読み返そうかなと。
掲載ペースがまったり傾向(GAの方がペース速くね?)なんで仕方ないんですが、
個人的にはもうちょっとブームになっていいと思うんだよなあ。

全然関係ありませんが、日記ログのページをそこそこまとめてみました。
過去数度行われていたレイアウト変更に対応できておりませんが、
その辺は気分が盛り上がった時にちょこちょこ直していく所存。
ちなみに、今年に入ってからの分は全部エントリに入れてあります。

いい加減書きたい事も溜まってるんですけど、
そこは「花粉め!」ということでご了承下さい。
今年はやたらと症状が重いんですよね…俺自身弱ってるのかなー。

すっかり忘れた頃に

 ■Core2DuoになったtypeXLiving 近日発売予定
しかもドライブがブルーレイになっておる!全然気付きませんでした。
(そのせいでクソ高くなりましたが!)

正直、ベースのスペックは当時(Pen4 820とかだったな…)と比べて大幅に上がり、
DSDを扱うのにもそれなりの性能は確保できたのではと思いますし、
消費電力も3割程度減ってるだろうから音質向上も見込める事は予想できるのですが、

ハードの性能がようやく上向いたところにVista発売。
このシリーズは呪われているのだろうか。

Vistaのせいで体感速度が結局あんまり変わらなくなっちゃったのはともかく、
ソフトや周辺機器の対応に大きく制限が出てしまっているためか
製品紹介のページにDSDはおろかSound Realityの記述すら無いっつー
「…ウリは?」という状態になってしまっている所が何とも歯痒いといいますか、
これならスペックを更に上げてブルーレイの読み書き速度を向上させた
次期モデルを待った方が良いかなーという気分にもなるんですよね…

ONKYOのHDC-1.0と比べても、DSDが扱えるという特徴が
唯一無二のアドバンテージとなっているだけに、
時代の流れさえ無ければもうちょっと前面に出てきたのかと思うと非常に寂しい。

ソニーもBRAVIAとセットで宣伝してやりゃー良いのにね。
「シナジー効果」という単語はいずこへ。

『少年ジャンプ』にソックリな同人誌が出た!!!
去年の冬コミ時あまりの衝撃に終了(=黙祷)まで泣きながら笑い続け、
元旦仕事場で「大布教会→大量注文」という流れを踏んだあの本の特集を今ごろ!
とはいえまだ売ってるんであれば皆様是非注文していただきたいところ。
目指せ400万部。

劇場版CLANNAD公式サイト
…舞台を終えた渚が真っ白に燃え尽きない事を切に願います。

タブ処理-07/03/02 その2

ファミソン8BIT公式サイトプレオープン
「きみはホエホエむすめ」に声が!
ということで買う事だけは決めていたんですが今回晴れて試聴可能に。

…な、なんともアイドル八犬伝らしくない音色にアレンジされてますが、
これはこれでキャッチーなのではないでしょうか!フォローする気ねえな俺!
クローズアップされたってだけでも望外の喜びなんですけどね。ゲーム面白かったんで。

それにしても気になるのはその音量バランス。
ずいぶんとモモーイの声が奥に引っ込んじゃってる印象ありますけど、
せっかくの歌付きなんだからもっと前に押し出してもいいのにね。

余談ですが、ついさっきTBSでやってたなんかのバラエティーで
突如YMCKのロッケンロール・ランデブーがかかって
「うおおお既に全国区なのかYMCK」といささか興奮してしまったんですが、
先に出ているはずのYMCKの方が洗練された印象ってのがどうにもアレですね…

ま、CDでしっかり聴いた上でキチンと感想をまとめようと思います。

□それ以上にビックリしたのが、
タイトル画面に燦然と輝く「NATSUME CO.,LTD.」の文字。
NATSUMEってあのナツメか!

ナツメと言えば鳥人戦隊ジェットマン(えー)、
ジェットマンといえば岩月博之氏の激烈に熱い楽曲群なだけに
すわナツメ節の復活か?とかなり盛り上がってしまったものの、
楽曲方面では全く関係無いっぽいのはともかく
公式サイト行ったら過去の歴史をバッサリ切り落としているので
そもそも俺の記憶にあるナツメなのかすらも分からなくなってしもうた。

□…その岩月氏の日記でリッジ7のサントラ発売を知る。

6を黒歴史にすんなー!
黒くなっちゃってるのはむしろ7の方だろ!

それにしてもリッジ7用の追加楽曲は出ませんね。
6の時は早々に曲が揃ってたんですが、やっぱ方針変更って事なのかな。

タブ処理-07/03/02 その1

タイトルは初使用ですが要は記事のクリッピングです。
Sleipnirのタブが溜まりすぎた時の備忘録として日記を使おうという算段。
ほったらかして古くなった物も紛れてますのでご注意下さい。

hoot更新(2月26日)
公開以降慣れ親しんできたウインドウ周りが激変。
スキン採用で見た目のバリエーションも豊かになりました。

 
結局は元の色合いが好きなんでそのままですが。
あとマウス対応も便利。

現状新インターフェースが強烈に重いのと、
パッケージに入っているxml以外のリストを読んでくれないみたいなのが
(アーケード系はデフォルトのxmlの中に入れ込む必要あり)
若干の不便ポイントではありますが、この辺はじっくり見守って行きたいところ。

BridgeM1更新
先立って公開されているM1新バージョンにあわせて更新中。
細かい修正が頻繁に行われておりますので毎日目が離せません。
(7周年おめでとうございます!)

セガ内バーチャルコンソールのページ
ずいぶん前からありましたが一応。
バーチャルコンソールで配信されているメガドライブのソフトを
ムービー付きで解説してくれている親切極まりないサイトでございます。

先日ようやく査収したWiiのD端子ケーブルを取り付けるついでに
何本か落として遊んでみたんですけど、
…やっぱりベアナックルは音がだいぶ違いますね。特にステージ3はちょっと厳しい。
俺が偏執的なだけで、実際遊ぶとあんまり違和感無いんですけどね。

当時の俺がどれだけ偏執的だったかっつーと、
「ゲームは1日1時間」という縛りを受けつつ聴くだけなら無制限という了解を取り付け
3~5時間はメガドラのイヤホン端子を使ってサウンドテストだけを聴いていたのです。
後期はメガドラ(初代)がワンダーメガM2になりましたがやる事は変わらず、
都合4年はこの生活を続けていた事になりますか。
ベアナックルとサンダーフォースは今でも目をつぶったままサウンドテストに行けますし、
当時はネームエントリーでZTTと入れないと曲が聴けなかったダライアスIIですらも
無敵とステージセレクトを併用してサウンドテストまで行ってました。
今でこそ「そこまでせんでも」と思いますが、当時の俺にはそれしかなかったのです。

鼓膜に波形が刻み込まれるんじゃないかと思えるまで聴き込んだこれらの楽曲群は、
思い入れという以前に生活のほぼ全てであったために、
移植やエミュレーションでの「音の違い」が壮絶な違和感になってしまいます。
例えばベアナックル1~3だと、当時のままだと感じられるのは
foobar2000の旧バージョン用にRuRuRuさんが配布されているVGM decoderぐらい。
それにしても鬼門だなベアナックルは。そんだけ古代氏が凄かったって事なんですけど。

まあ、裏を返せば、バーチャルコンソール自体の改善をもって、
更なる再現性の向上も行う事ができるはずなのです。
今後発売されるであろう続編での改善を密かに期待しております。

夢みる黒うさぎリニューアル
ゆかりん17歳の誕生日を記念してのリニューアルだそうです!
おめでとうございます!